No.3738 心が優しくなる歩き方


どこかへ行くために、歩く。

歩くために、どこかへ行く。

歩くことを手段と捉えるか、目的と捉えるか、
どちらも同じようで
気持ちはまったく同じじゃないよね。

速く歩くためには、腕を大きく振ればいい。
でも、なんとなく競技っぽくなるというか、
心が妙に急いてしまう。

最近気づいたんだけど、
心を穏やかにしたいなら
腕を振らずに歩けばいいんだな。

そう、
爺さん婆さんがよくやっているように、
手を腰の後ろで組んでね。

そうすると自然と歩みが遅くなって、
顔も上がるから、
いつもの景色がいつも以上に綺麗に見える。
徒歩と散歩は、別物なんだな。

だまされたと思って、やってごらん。
冬の街に、春のような穏やかさを感じることもあるから。