No.3745 メガネ女子の横顔


ボーナスの時期だからか、
忘年会シーズンだからか。
はたしてその両方か。

街は人混みで賑わっていて、
リア充カップルや声の大きなサラリーマンが
たくさん歩いていた。

そんな人混みを避けるように
地下街のがらんとした広場の方に向かうと、
スタッフはいないけど
たくさんのパネルボードを並べて
パンフレットだけが机の上に置かれた
「婚活展」なるものがやっていた。 

「なんでまた、このリア充の季節に…」と思ったけど、
人肌恋しくなるこの季節だからやるのかな。
案の定、ハッピークリスマスには似合わない
その掲示コーナーの前に人影はなかった。

…と思ったら、一人だけ姿が見えた。

30代前半ぐらいの、
図書館で働いていそうな
真面目な感じのメガネ女子。

その子、周りのガヤガヤも気にせず、
地方の婚活イベントのチラシを眺めては
カバンに入れていた。

その横顔が、とても嬉しそうでね。
何かを想像して、心から楽しくなっているような。

僕には、
着飾って男と街を歩いている
今風の姉ちゃんよりも、
その素朴なメガネ女子の方が幸せに見えた。
 
 
ある、ない、
いる、いない、じゃないんだよね。

リア充実のリアルはいつか飽きる時が来るけど、
想像は、膨らめば膨らむほど楽しくなる。

メガネ女子、今週末に
地方の婚活イベントに行くのかな?
思わぬ出会いがあるかもな。

嗚呼、想像が止まらないよ。
素敵な横顔をありがとう。