No.3755 キャッチコンテストを続ける理由

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
[`evernote` not found]

12月22日。

「冬至」と言うと
一つの節気にしか聞こえないけれど、
「一番長い夜」と言えば
ロマンチックな時間に変わる。

「夜は嫌い…」という人には、
「今日がピークだから、これからどんどん昼が長くなるよ」
と励ませばいい。

モノは言いよう。
それは決して騙しやペテンではなく、
伝える相手への優しさ、プレゼントだと思う。

今週末、ジングルベルの鐘が鳴る時、
あなたなら「メリークリスマス」をどう伝える?

大人になって新鮮味が薄くなってきたイベントも、
言葉次第ではドキドキがよみがえるかもね。
 
 
キャッチコピーコンテストでやっていることって、
つまりはこういうことなんだ。

お題を言い換えることで
一人でも多くの人を楽しませられるかどうかという、
優しさの賞レース。

さて、2017年のベストキャッチは誰が獲得するのか?
今年も予定どおり、イブの日に発表予定です。