No.511  おじぃとおばぁの小さな薬局


かぜで土日はバタンキュー。
昼間に少しだけ起きて、薬を買いに家を出た。

雨。
頭もふらふらだったので、家から一番近い
神社の前の、古い薬局に入る。

2~3畳ほどの狭いスペース。薄暗い灯。
中におじぃとおばぁが2人。



 婆「あ~、いらっしゃい。
   おじいさん、お客さんやでー!」



まるで100年ぶりに客が来たかのように、
盛り上がる店内。



 爺「おうおう、これはこれはお兄ちゃん。
   どうしなさったん?」



決して薬剤師免許を持っているようには見えない、
おじぃが話しかけてくる。



   僕「イヤ、ちょっと熱が出て…」



 爺「そりゃいかーん、
   婆さん、“アレ”あったやろ、アレ。」



 婆「はいはい。」



なんだ、この
4-4-2のフォーメーションのような
計算された動きは。



 婆「じいさん、これでしょ?」



 爺「そうそう、それやがな。」



レジの上には、
見たこともない愛知のメーカーの薬と、
どうみても人気のなさそうな冷シップ。



 爺「カゼの時は、首の周りを冷やさなアカンのよ。」



おじぃはそう言って、シップを折りたたんで、
ハサミで半円を切り取り、ちょうどシップが
首のカタチにマッチするように仕上げてくれた。



 婆「そうそう、それが良く効くんよね。
   はい、2750円。」



何も言えないまま、
謎の薬とシップを買わされて、家に戻った僕。

言われた通り、シップを首に貼って、
謎の薬を飲んで、目を閉じた。

…これで治らなかったら、
おじぃとおばぁに文句言ってやる…

そう思いつつも、
一人で寝こんでいるじゃない気がして、
病床で、どこか少し心強かった。