No.547&548 ディープな大阪探検隊「なにわ健康ランド 湯~トピア」


●今日のおはなし No.547●



 「温泉でも行って、
  マッサージとかしてもらいたいな~」



その一言から始まった小ツアー。

昨日の日曜、ツレと二人で東大阪・布施駅前にある
「なにわ健康ランド 湯~トピア」という所に行ってきた。

なぜ東大阪か、って? 知らない。
手元にあった温泉ガイドBOOKに載ってたから。



 「どんなとこかな、どんなとこかな‥」



と小堺一機風に口ずさみながら、
「なにわ健康ランド 湯~トピア」前に到着。

‥、怪しい。カオスの情緒たっぷりの館。

恐る恐る2人で1階の受付に行くと、
わりとフツーのお姉さんが。少しホッとした。



   「お一人様、入泉料1000円になります。
    マッサージはいかがなされますか?」



おっ、来た来た。
俺らはマッサージをしてもらいに来たっちゅーねん。



 「2人ともお願いします。」



   「ご指名されますか?」



 「え?」



指名!? 
あやしい風俗じゃあるまいし。
指名できるなら、せめて写真ぐらい見せて欲しいもんだ。



 「あ、いいです。」



大丈夫かな~、ココ。

指名を断って、
エレベーターで6階のロッカールームへ。
エレベーターが止まって開いた瞬間、
衝撃的な光景が目に飛び込んできた。

目の前を歩く人は、みんな“アロハシャツ”。

奥に並んだ無数のリラクゼーションソファでは
“アロハシャツ”を着た沢山のおじぃ達が
グッタリと横たわっている。



 「え?死んでる?
  ‥なんじゃココ、おじぃ達に何があってん!」



うなだれてビクともしないおじぃ達。
よく見てみると、
湯上がりでふやけていけるのが分かった。



 「おい、あのアロハシャツどこでもらえるねん」



  「知らんちゅーねん。
   初心者の俺らなんてモンは、
   まだまだアロハを着せてもらえへんねん。」



アロハを着ているおじぃ達が“上級者”に見えてきて、
僕らは半笑いでロッカーへと足を進めた。



服を脱いで気づいたが、浴場は5階。
周りのおじぃ達は、
なぜか当然のように素っ裸で階段をおりていく。

「マジで?」と思いながら、
僕らも素っ裸で階段に向かった。
20数年生きてきて、裸で階段をおりたのは初めてだ。

一歩一歩階段をおりる僕達。

胸がドキドキ、
丸出しのお尻がスースーする。

いよいよ、
怪しい健康ランドの中枢部分へ潜入だ。

明日へ続くぞ。

 

●今日のおはなし No.548●

 


(昨日の続きだ)

浴場は、
中国と日本とギリシアの風呂文化を全部混ぜて
マヨネーズをかけたような造りだった。

壁には、小学生が初めて彫刻刀で彫ったような
ビーナス像っぽい作品。

でもその下には、高麗人参配合の薬湯。

奥には、日替わりランチならぬ、日替わり温泉。
今日の湯は「どくだみ湯」だ。

まるで遊園地みたいなワケわからん浴場を、
「次のボクシング世界チャンピオン」を育てているような
白髪のおじぃが、下半身丸出しで続々と往来する。
分かっていても、笑いが止まらない。



 「おっ、外に出れるドアがあるぞ。」



ドアを開けると、
なぜかピンク色の湯が入った露天風呂。

海水浴場なんかによくある
白いリゾートチェア-が置いてあり、
素っ裸のおっちゃんがチェア-に座って、
右手に携帯電話、左手にタバコでくつろいでいた。



 「上級者やなぁ~」



初心者の僕達には、真似のできない芸当だ。
風呂場に携帯電話を持ちこむなんて。
う~ん、早く経験を積みたい。

露天風呂からホームセンター
「コ-ナン」を見下ろすという絶好の眺めを楽しんだ後、
僕らは浴場を後にロッカーに戻った。



 「いや~、スゴイね」



やっともらえたアロハシャツを羽織り、
ぐったりとしたおじぃの横でコーラを飲みながら、
感激にひたる僕達。

すかさず、店内放送が流れた。



   「番号札61番、65番のお客様、
    マッサージルームへお越し下さ~い」



来た。いよいよマッサージだ。

「行くぜぃ」と意気ごんで、
2人で7階へ階段を上がる。



7階に到着。
おっ!おばちゃんもいるが、
若いお姉さんマッサージ師もいるじゃないか。



 「はぁい、61番の方どうぞ。」



僕を呼んだのは、
やっぱり60歳ぐらいのおばちゃん。
ま、そうだろね。お約束どおりか。

おばちゃんの20年前の昔話を聞きながら、
えらく強い勢いで全身をマッサージされる僕。

両腕で首をかためられ、
「こめかみ」から始まったその体育会系マッサ-ジは、
僕の気力と体力を徐々に消耗させた。



 「あ~、絶対もみかえし率120%やわ…」



なんだかんだで40分ぐらいマッサージしてもらい、終了。
少し背中のコリがとれた。
やるな、おばちゃん。



 「せめてお名前だけでも‥」



そう言おうと思ったら、
既におばちゃんは姿を消していた。
くそ~、年間契約を結ぼうと思ったのに。



服を着替え、1階のロビーへ。

横では、人相の悪いおっちゃんが
「買えるモンやったら買ってみぃ」みたいな様子で
健康食品を売っていた。

まったく、
なんてツっこむ所の多い場所だ、ココは。

東大阪、布施駅前「なにわ健康ランド 湯~トピア」。
ディープな笑いにひたりたい人は行ってみるといい。