No.4032 ムッツリジェントルマン


街でもいい、店でもいい。

たとえば、左右ではなく
前後に開くタイプの大きな扉があったとして、
扉の通り方を見ればその人のタイプがよくわかる。

大きくは2つのタイプに分かれる。
「扉を開いたら、手を放してそのまま前に進む人」と
「扉を開いたら手でおさえて、後ろを振り返る人」だ。

自分が開けた扉である。
前者のように、
自分が通れたらそれでいいのかもしれない。
次に来る人が同じように通りたかったら、
また自分で扉を開けるだろうし。

それでも、僕は後者のタイプが好きだ。
後ろに目があるタイプの人が。

ヨーロッパに行ったことはないけれど、
イタリアだっけな?
どこかの国では、前を行く人が
扉を抑えて後ろの人を待つのがマナーらしいね。

そういうの、
どこか日本っぽいマナーだな~と思うけれど、
意外と日本人は我が道を行く前者のタイプが多い。

特に年配の人はね。
若い人ほど丁寧だったりする。

細かい所作だけど、
こういう振る舞いにこそ人間性が出ると思うから、
自分自身も心がけていきたいし、
我が子にもちゃんと教えていきたい。

「やってまっせ!」とドヤ顔でアピールなどせず、
さり気なく、優しさを行動に変えられる人。
そういうムッツリジェントルマンな男に、僕はなりたい。