2019年第6回キャッチコピーコンテスト「雲」


夏、真っ盛り~!
「2019年第6回キャッチコピーコンテスト」!!

いや〜、今年もこの季節が来ましたね。
毎日アホほど暑いですが、
いかにも夏っ!って感じで気持ちいいです。

ということで、いきましょう!
あの夏空にもよく似合う!
「雲」キャッチ!!
 
 
 

★★ お気に入り第1位 ★★
 
 
 
  スカイアート展
 
 
 
     −受賞者−orange pekoriさん(28pt.)
 
 
 
(コメント)
今回、久しぶりに
たくさんの応募をいただきましたが、
見た瞬間一番鮮明に画が浮かんだのが
この作品でした。

空を漂う「雲」って
一つとして同じ形はなくて、
青空をキャンバスに
まるで独創的な作品のような白い物体が
次々と流れていきます。
自然が主催するアート展、
今日も空を見上げたくなるキャッチでした。
夏にもよく似合いますね。
 
 
 
★★ お気に入り第2位 ★★
 
 
 
  水って飛べるんだ
 
 
 
     −受賞者−時速150kmさん(58pt.)
 
 
 
 
  ※空層上の生物です
 
 
 
     −受賞者−うりたろうさん(44pt.)
 
 
 
(1つめコメント)
「雲」の正体は水。
まだ幼い頃は、工場の煙突から出る煙が
空に上ったものだと思っていたので、
初めて知った時は結構驚きましたよ。
当時の純粋な感覚を思い出させてくれる作品でした。
微笑ましさと同時に、自分も飛べるかも!という
勇気を与えてくれるキャッチですね。

(2つめコメント)
うまい!字面で遊ぶのは
うりたろうさんのお得意パターンですね。
まるで生きているかのように
自由自在に姿や形を変えるけれど、
地上の動物とはまた違う存在。
僕らがあまり知らない空層上の生命体なら納得です。
 
 
 
★★ お気に入り第3位 ★★
 
 
 
  空の流れ作業
 
 
 
     −受賞者−時速150kmさん(63pt.)
 
 
 
 
  その上は、いつも晴天。
 
 
 
     −受賞者−K.S兄さん(72pt.)
 
 
 
 
  いつも風任せ
 
 
 
     −受賞者−ローリングズコーンズさん(20pt.)
 
 
 
(1つめコメント)
うまいな~。たしかに流れてますもんね。
空がやる気なさそうに
「はい次の雲~、はい次~」と
流し続けている姿を想像して笑いました。

(2つめコメント)
最近飛行機に乗っていないからか、
この視点、忘れていました。
昔、九州出張で乗った飛行機の
パイロットがこう言ってたんですよ。

「地上では毎日色々なことが起きます。
嫌なこともありますし、今日も雨が降っています。
しかし、雲の上だけは365日晴天です。
皆様の気持ちが沈むことがあれば、
いつでもこの飛行機で上空までお連れいたします。
またのご利用をお待ちしております」

あの時、天国って
「雲」の上にあるような気がしました。

(3つめコメント)
僕らが「雲」の美しさにひかれるのは、
おそらくこんな理由もあるんでしょうね。
自分の意思なんてどうでもよくて、
ただ風に任せて漂い続ける「雲」。
煩悩を捨てて、あんな存在になりたいと思いながらも、
なかなかなれないんですよね。人間は。
だからいつまでも、
僕らは「雲」を見上げちゃうんでしょう。
 
 
 
★★ お気に入り第4位 ★★
 
 
 
  動く絵画
 
 
 
     −受賞者−たみきちさん(13pt.)
 
 
 
 
  青いキャンバス、白い空想。
 
 
 
     −受賞者−時速150kmさん(66pt.)
 
 
 
 
  天然サンシェード
 
 
 
     −受賞者−MYCAL小久保さん(9pt.)
 
 
 
 
  厚い雲?そこにあるのは上昇気流なのサ。
 
 
 
     −受賞者−ミスター尻ASSさん(44pt.)
 
 
 
(1つめコメント)
なんかええですな~、この作品。
青空に漂う「雲」って
まるで一枚の絵のように美しいんですが、
それが動くからなおさら趣がありますね。

(2つめコメント)
「兄さん!そんなキャラでしたっけ!?」
というぐらい素敵です。
「白い空想」という言葉選びに
詩人の感性がにじみでていますね。

(3つめコメント)
これ、バッチリ僕とシンクロでした。
「雲」って、お日様が見たい時は少し邪魔ですが、
強い日差しを遮ってくれる便利な存在でもありますよね。

(4つめコメント)
暗雲に代表されるように、
「雲」って障壁のような存在としても使われますが、
壁のある場所にはちゃんと上昇気流が吹いている。
なかなか含蓄のあるキャッチですね。
 
 
 
★★ お気に入り第5位 ★★
 
 
 
  耐えきれず泣き出します
 
 
 
     −受賞者−D.Mさん(27pt.)
 
 
 
 
  空平線
 
 
 
     −受賞者−スイカさん(10pt.)
 
 
 
 
  空と君のあいだ
 
 
 
     −受賞者−レッドキャベツさん(2pt.)
 
 
 
(1つめコメント)
擬人化するとかわいい奴ですね~。
ホワイトな奴もいれば腹黒そうな奴もいて、
なんだか人間に近そうな存在です。

(2つめコメント)
飛行機に乗ったことがある人にはわかるキャッチ。
空と下界を横一線の「雲」が分けている光景は
とってもファンタスティックですよね。

(3つめコメント)
まさに!
「雲」の立ち位置を表すならこうですよね。
ドラマ「家なき子」を思い出しました。
 
 
 
◆◆ 特別/なんかええやん大賞 ◆◆
 
 
 
  クモクモク
 
 
 
     −受賞者−スイカさん(16pt.)
 
 
 
 
  もくもくもくもくもくもくも。
 
 
 
     −受賞者−K.S兄さん(78pt.)
 
 
 
(上&下コメント)
ひょっとしたら、
「モクモク」という擬態語は
「雲(くも)」から生まれたのかもしれませんね。
その言葉が生まれた瞬間を想像して和みました。
絶対トトロを見つけたメイちゃんみたいな子が
「くもくもくもく~!」と叫んだんでしょうね。
嗚呼、神様、日本は今日も平和です。
 
 
 
◇◆ おまけ/シンクロでうれしいで大賞 ◆◇
 
今回の「雲」キャッチ、
僕が想像していたのはこんなキャッチでした。
 
 ・雨の予告状
 
 ・空を流れるサンシェード

 ・水のウルルン放浪記

 ・そして、陰になる。

 ・満月をチラ見せ

 ・ラピュタの皮

 ・おじいちゃんの魂はね、
  あのクラウド上にアップされたのよ。

 ・真昼のプラネタリウム

 ・悟空のやつは自家用です。

 ・君に無断で、宇宙から盗撮中。

 ・僕がかいた汗も、
  庭先の打ち水も、
  いずれは空の景色に変わる。
 
 
 
1つめは、
事前に雨を知らせる手紙だなと。

2つめは、
直射日光フィルターとしての良さを。

3つめは、
水が「雲」になり漂う様を。

4つめは、
頭上に「雲」が来た時の
あの空気感を。

5つめは、
月やスター(星)をあえて隠す
歌番組のスモーク演出のような存在だなと。

6つめは、
ラピュタを覆うあの「雲」をコミカルに。

7つめは、
天国を現代風に説明すると
こういう感じかなと。

8つめは、
いつまでも見ていられる「雲」が流れる景色は、
まるでプラネタリウムのようだなと。

9つめは、
あの「雲」、欲しかっな~と。

10こめは、
気象衛星を操って
お天気ニュースで流している人、
そろそろ盗撮容疑で捕まるんじゃないかなと。

11こめは、
実は夏の景色って
水でつながっていることを。

ということで、
「シンクロでうれしいで大賞」は、
7つめのクラウドつながりで
この作品にあげちゃいます!
 
 
  一部のクラウドとは一切関係ありません
 
 
     −受賞者−D.Mさん(28pt.)
 
 
 
  掴めないからクラウド化?
 
 
     −受賞者−T.Kさん(27pt.)
 
 
 
 
■■ 次点。おしかったね。 ■■

・地球の帽子

・こちらにラピュタはありません

・天然サンバイザー

・天空の風来坊

・地球、冷やしたったで

・上空の水面

・自然界のプロジェクションマッピング

・地球の気持ち

・風林火山に入りたかった

・あめのもと

・アメ出す

●●その他の作品も一部ご紹介●●

・お天気バロメーター

・空に浮かぶ水

・君の前では月や太陽さえも輝きを失う

・懐かしいあの人がくつろぐ
 空のソファー

・雷さんのおざぶとん

・ふわもふの極み。

・泣いたり、怒ったり、赤くなったり、、、
まるで乙女

・観葉空物

・白い気分屋。

・天気の故

・織姫と彦星の敵

・天空動物園

・表情かわりすぎでしょ。

・夜もあります。

・あや あや あや
 どうどうどうどう
 う ろ う ろ う ろ

・空の名脇役

・地球最古のサステイナブル

・陽光の幕

・風と共に去ります

・お月さまを独り占め

・ミズ超会議

・見つめていると
 いつのまに目が離せなくなる
 あいつは時間泥棒。

・一期一会の空

・ファインディングクモ

・ちりも積もれば水蒸気

・地震のことは何も知らない

・地球規模のFacebookake

・たぶん神様は天然パーマ

・左から、仲本、いかりや、ブー

・闇っぽいとは思ったが、
 まさか反射勢力とは知らなかった

・ジュウザかよっ!

・乗れない!?
 ハイジのウソつき!!

・俺の人生、真木CLOUDみたいやな。

・真っ直ぐ伸びろ、尿道雲よりも。

      (他21作品)
 
 
 
今回もたくさんのご応募をいただき、
ありがとうございました!
今日も猛暑の1日ですが、
「雲」を眺めて夏を楽しみましょう!
 
 
 
◎世界各国の雲たちが集まり
 その能力を競い合う「国際雲動会(うんどうかい)」、
 大会実行委員長のフラスデ・レインマン氏が
 団体演技「台風」の自粛を表明。
 
 「渦を巻き起こすような選手たちの演技は
  毎年圧巻の一言だが、あまりの迫力に
  そもそも観客が吹き飛ばされてしまう」

 代替案として、
 「気象衛星ひまわり内に観客席を設ける」という
 壮大なプランも検討されているが、
 担当者が頭を抱えて雲隠れした模様。

      (8/8 sunny-yellow気象ニュースより)