No.604 sunny-yellow

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
[`evernote` not found]

“sunny-yellow”

ボサノヴァが流れる小さなカフェで、
ジャスミンティーを飲もうよ。

やわらかな木漏れ日がさしこむソファで、
子猫のようにふにゃふにゃしながら。

最近少し疲れてるって?
じゃあ、一緒に甘~いケーキも食べよう。
ほっぺたに白いクリームなんてつけながら、
おかわりしたっていいんだよ。

君といると、不思議。

知ってた?
君は会うたび、違う人みたい。

大きく見えたり、甘えん坊に見えたり。
いったい、どれがホントの君なのかな。

君が弱くなったら強くなって、
強くなったら甘えちゃうから、
ホントの僕もよく分かんない。

ま、いっか。

ジャスミンティーの入ったカップを、
ホントに嬉しそうにスプーンでぐるぐるまぜる君。
それを見て、微笑んでしまう僕。

まるで公園のシーソーで遊んでいるように、
二人でいると、なんだか幸せになれそうだね。

大っきなプレゼントはできないけれど、
おもちゃのように小さなものなら、
たくさん見つけてあげられる自信はあるんだ。

あ、空が晴れた。
きらきら光る海を見にいこうよ。

さぁ、自転車の後ろに乗って。
しっかりつかまっててね。

おまわりさんに見つからないか、ドキドキするって?
大丈夫。

なぜだかは分からないけど、
二人なら大丈夫な気がするんだ。

行こう。ね。
君に見せたいものがあるんだ。