No.614 雨の日のオニごっこ


僕が畳の上に新聞を広げて見ようとすると、
オカンが横で新聞チラシを見始める。

僕が洗面台で歯を磨こうとすると、
オカンが隣で洗濯を始める。

持って帰ったパソコンをつなげようとしていると、
やっぱりオカンが隣でパソコンをのぞきはじめた。

数分たって、パソコンの電源をきる時。



 僕 「あかん、やーめた。」



   母「ありゃ、画面消えたで。」



 僕「消したんやて。」



   母「ふーん」



その数分後、
2階の部屋に逃げておはなしを書いている僕。
またオカンが階段をのぼってくる音がする。

雨がふってきた。
外には出られないな。

狭い家で、鬼ごっこは続く。