No.4388 自分に似合う色


なんだろうな。
最近、数ある色の中から
ネイビーを選ぶことが増えた。

浅めではなく、深めの紺。
昔なら「地味~」とスルーしていた色だけど、
今は逆に、落ち着いた佇まいに美を感じる。

元々、幼稚園の頃から
「青や紺が似合う」と言われてきた。
でも、認めたくなかったんだよな。

「そんな地味なキャラじゃない」
という反発もあったのだろう。
わざと派手めの服を買ったり、
一風変わった服を選んだりしていた。

今は、誰かが似合うという色が
自分に似合う色なんだろうなと
素直に認められるようになった。

トマトが「俺は金色が好きだぜ」と言おうが、
やっぱり赤が似合うのだ。
それが存在意義のようなものだから。

そもそも存在というものが他者視点で、
自己視点ではないからね。
周りから青系が求められるなら、
見た目はそれに染まって生きるのもいい。

ただ、心の中は自己視点。
何色でもいい。

僕は死ぬまで、
sunny-yellowの似合う男でいたいと思う。