2021年第7回キャッチコピーコンテスト「風船」


え? 2カ月ぶり?
夏のスピード、早ぇ~。
オリンピックは終わったけれど元気よくいきます!
「2021年第7回キャッチコピーコンテスト」の発表です!!

今回はちょっと童心にかえって
こんなお題について考えてみましょう。

ということで、いきます!
けっこー街を飛んでるぞ!「風船」キャッチ!!
 
 
★★ お気に入り第1位 ★★
 
 
 
  気球の子
 
 
 
    -受賞者-K.S兄さん(56pt.)
 
 
(コメント)
いいなぁ、これ。
空を飛べる気球って
ほとんどアニメの世界でしかお目にかかれなくて、
一種の憧れのようなものがありますが、
「ミニサイズの気球」という視点が
僕らのワクワク感を高めてくれますよね。
こう言われたら、すぐに買っちゃいそうです。
気球の子、空にいっぱい飛ばしてみたい。
 
 
★★ お気に入り第2位 ★★
 
 
 
  自分でつくれる頃には
  自分でつくることはないのだろう
 
 
 
    -受賞者-K.Sさん(39pt.)
 
 
 
 
  空の花束
 
 
 
    -受賞者-たみきちさん(58pt.)
 
 
 
 
  パリピだま
 
 
 
    -受賞者-テントショップボーイさん(86pt.)
 
 
(1つめコメント)
思わずじーんと来てしまうキャッチ。
子どもの頃は誰しも「風船」が大好きで、
でも自分では作れないんですが、
大人になってやっと自分で作れるようになった頃には
もう興味の対象が変わってしまっている。せつないですね。
小さなお子さんがいる方は、ぜひ色々かみしめながら
「風船」を作ってあげてください。
 
(2つめコメント)
空に映える色とりどりの「風船」。
その様はまるで空に咲く花のようでもあります。
久しぶりに青い空を見上げたくなるキャッチでした。
 
(3つめコメント)
うまいこといいますね~。
あの形状を「玉」と言ったのも上手ですが、
楽し気な雰囲気を「パリピ」で表現したのもお見事。
これ、けっこー日常で使えるキャッチだなと思います。
 
 
★★ お気に入り第3位 ★★
 
 
 
  “きたい”に膨らむ僕の胸
 
 
 
    -受賞者-時速150kmさん(39pt.)
 
 
 
 
  ふわり、ゆらり、いろどり。
 
 
 
    -受賞者-K.S兄さん(61pt.)
 
 
 
 
  繋いだ手を離したら、
  どこまでも高く飛んで行けると思ってた。
 
 
 
    -受賞者-時速150kmさん(44pt.)
 
 
(1つめコメント)
気体が膨らませる期待感。
いや~、上手に言わはるわ~。
シュー、シューっと
「風船」の中に空気が入っていくたびに
ドキドキする感じがよく表れていますね。

(2つめコメント)
キャッチって字面も大切だと思いますが、
この作品はまさに
字面で「風船」を表した一本ですね。
たったこれだけの言葉でも
「風船」が漂う画が描けてしまうから不思議です。

(3つめコメント)
この作品の美しいところは、
「風船」を持っている手とは違う
もう一方の手まで描いているところです。

片手に「風船」を持ち、
もう片方の手で親と手をつないでいる子ども。
もしも親の手を離してしまったら、
「風船」と一緒に空へ飛んでいってしまうかも。
そんな幼い妄想がクスッとさせてくれます。
たった二行のドラマですね。
 
 
★★ お気に入り第4位 ★★
 
 
 
  ガムでも作れます
 
 
 
    -受賞者-S.Mさん(5pt.)
 
 
 
 
  ガスの散歩
 
 
 
    -受賞者-たみきちさん(61pt.)
 
 
(1つめコメント)
「風船」ばかりをイメージして考えていると
意外と忘れがちなのですが、
そう、ガムでも作れるんですよね。
誰が最初に考えたのかはわかりませんが、
「フーセンガム」という存在が
どれだけ子どもたちに楽しさを与えてくれたか。
メジャーリーガーが試合中に膨らませているのを見ると、
「こいつ、おちゃめやな」と思ってしまいます。

(2つめコメント)
ガスってそれだけでは姿がないんですが、
「風船」という服を着れば
お散歩ができてしまうんですよね。
僕もいつか死んだら、「風船」を着て
この世にいたずらしに来たいと思います。
 
 
★★ お気に入り第5位 ★★
 
 
 
  即席ゴムボール(幼児用)
 
 
 
    -受賞者-ローリングズコーンズさん(8pt.)
 
 
 
 
  祝福から罰ゲームまで。
 
 
 
    -受賞者-K.S兄さん(62pt.)
 
 
 
 
  肺活量との闘い
 
 
 
    -受賞者-S.Mさん(6pt.)
 
 
(1つめコメント)
幼児限定ではありますが、
「いつでもどこでもボールが登場!」と考えれば
たしかに便利ですよね。
トイザらスのポップに書きたい言葉です。

(2つめコメント)
たしかに使い道は多様ですよね。
膨らませてよし、割ってよし。
最近はねじるアートも流行っていますが、
やはり空に飛ばすのが一番美しい気がします。

(3つめコメント)
「風船」を超現実的に捉えれば、
一定の肺活量のある人にしか扱えない代物。
すなわち、楽しめるのには
どうしても年齢的な期限があるんですよね。
膨らませられるうちに、誰かを楽しませたいものです。
 
 
◆◆ 特別/なんかええやん大賞 ◆◆
 
 
 
  ラッキー7で空を飛ぶ
 
 
 
    -受賞者-D.Mさん(42pt.)
 
 
(コメント)
あー、そうか!これがあった!
意外と出てきませんでしたが、
阪神タイガースファンならやっぱりこれですよね。
今年は優勝争いをしていますし、
一杯飛ぶことになるんでしょうか?
「風船」に笛をつけた人、天才。
 
 
◇◆ おまけ/シンクロでうれしいで大賞 ◆◇

今回の「風船」キャッチ、
僕が想像していたのはこんなキャッチでした。
 
 
 ・浮き浮きアイテム
 
 
 ・宙ペット
 
 
 ・僕から空へのプレゼント
 
 
 ・コングラチュレーション系
 
 
 ・空気だってドレスを着たい。
 
 
 ・Sky宅急便
 
 
 ・贈り物用に、二酸化炭素をラッピングしました。
 
 
 ・自宅deバレー専用
 
 
 ・カールじいさんの引っ越し手段
 
 
1つめは、
浮力がプロデュースした
テンションを上げるアイテムであることを。

2つめは、
紐でつないでいるあたりが
宙に浮いているペットみたいだなと。

3つめは、
空に向けて手を放す時は
こんな気持ちなので。

4つめは、
うまくいえないけれど
めでたい系だよね。

5つめは、
見えない空気も
たまには姿を見せたいような気がして。

6つめは、
そのうち「風船」で空を運ぶ宅急便も
できるんじゃないかと思って。天国行きとか。

7つめは、
気体のラッピング手段だよなぁと。

8つめは、
やっぱりバレーの思い出が
一番頭に残っているので。

9つめは、
あの映画を観た時、
「いつか絶対自分も!」と思ったので。

ということで、
「シンクロでうれしいで大賞」は、
2つめの宙つながりで
この作品にあげちゃいます!
 
 
  宙に浮くペット。
 
 
    -受賞者-K.S兄さん(63pt.)
 
 
■■ 次点。おしかったね。 ■■

・空に映える丸い船。

・ウキウキさせたい

・ショッピングセンター定番の子ども寄せ

・とりあえずバレー(ドラえもんの道具風に)

・ガスにお金を払うんじゃない!
 子供の夢にお金を払ってるんだ!

・しゃぼん玉以上、ボール未満
 
 
●●その他の作品も一部ご紹介●●

・生まれてはじめての子分

・思いがより膨らめば、より高く遠くへ飛んでいける

・はい、どうも~。
 付加価値でやらせてもらってます~。

・空に飛ばしたアレはどこに行くのだろう。

・かる~い大荷物

・色とりどりの吐息

・気持ちを空に飛ばします

・フーセンガムに浮力を!

・テーマパーク帰りの電車で困るやつ

・大きくなって、風に乗れ。

・お願い、その手を離さないで。

・風に乗って君のもとへ届くといいな

・ぼくの吐息より、ヘリウムガス。

・安全&手頃なスリル

・くくらずに飛ばすよね

・信長様が喜びそう

・いつまでもふわふわしてないで、
 地に足つけて生きなさいよ。

・風船が浮くのではない、大気圧が浮かしているのだ。

・ねじって折り曲げて…はい、プードル!

・服に2個入れイヤン?

・よいこのみんなは
 水風船バラバラ破片はひろいましょう

・ある時はプードル
 またある時は花
 ある時はクマ
 またある時は剣
 ある時はハート
 またある時はウサギ
 ある時は星
 …しかして、その実態は?

・ふくらんでしぼむ姿は、まるで人生の縮図。

・膨らまし協議は水泳部と吹奏楽部出身が得意で
 決して男子がいつも得意なわけではない

・一度やってみたいリアルバルーンファイト

・屈託のない子供の笑顔と
 澱みまくった販売員の笑顔と

・身体張って犬とか花とかになってます

・初孫に せがまれて知る 肺活量
 衰え思う 「煙草やめるか…」

・張りの良さが稲村亜美

・萎びたナスと呼ばないで

・シリコン入ってるんかと思ったナリよ~

・わー!!ママのより大きい!!

       (他12作品)

今回もたくさんのご応募をありがとうございました!
そろそろ秋ですかね。
今年もあと数回ですが、またやります!!
 
 
◎MLBエンジェルス大谷翔平、
 始球式で訪れた地元ファンが投げた「風船」を
 持ち前の笑顔でふわっとセンター方向へはじき返し、
 1839mの超特大ホームラン!!

 地元紙、
 「彼はベイブルースじゃなく、
  メリーポピンズの生まれ変わりか!?」
 規格外の優しさから、すでにMVP当確の声も。

      (sunny-yellowだぞー、ん?)