No.713 涙が流れる3つの理由


涙には3つの理由がある。

嬉しい涙、悲しい涙、
そして、そのどちらでもなく
自然にあふれてくる涙。


3つ目の涙は、そう、
初めてきたのに懐かしいような
古い街を訪れた時、
しわしわになったおじいちゃんの
美しい歌声を聴いた時、
言葉をなくすような
美しい絵画を見た時なんかに流れてくる涙。


嬉しい涙は、
まるで寒い日に帰って飲む紅茶のように、
心をあたためエネルギーをあたえる。

悲しい涙は、
まるで水を取り上げて野菜本来の生きる力を
呼び戻す栽培法のように、心を乾かせ強くする。

じゃあ3つ目の涙は?と聞かれたら、
それはきっと、
心に“潤い”と“深み”をもらたすものだろう。



 「涙は心の汗だから、いっぱい流していいんだよ」



と誰かがいった。

心とは、いろんな汗をかくのである。
けれど、日々の生活で
3つ目の涙を流す機会はあまりない。

忘れている心が、きっとどこかにある。