No.735 エイプリルフールなんてウソだ


4月1日。手の平から汗が止まらない。
だまされちゃいけない。エイプリルフール。

すべてのものが、今日は信じられない。
街行く人も、新聞も、テレビも。

おっと来た。友人からのメールだ。



 「今日近くに行くから昼飯食おうや」



フッ、だまされないぜ。俺の目は節穴じゃない。
タバコを一服しながら軽く流す。

としているうちに、オカンから電話が鳴る。



  「近いうちに宅急便で果物送るから」



No Noベイべー、だまされないぜ。
果物なんて届かない届かない。

そしてアンタは、ホントはオカンじゃないんだろ。
分かってる分かってる。

そんな時、Yahooニュースにこんな記事。



   「松井、初打席でタイムリー」



はいはい。これだからマスコミはいやだね〜。
そんなワケないじゃん。
4月1日だからってやりすぎ。



   「野茂、開幕戦で完封勝利」



もぉ、笑けてきたよ。
みんなウソつくために必死だね。



   「北朝鮮、地対艦ミサイル発射」



こら、悪い冗談はやめなさい。
分かったって。君はウソつき日本一だよ。


ウソだと思っていたこれらの情報。
すべてが本当の話だとさっき分かった…。

4月1日のエイプリルフール。
「ウソをついていい日」ということが、
ウソである。

世間では、
信じられないような素敵なことや悲しいことが、
日常的に起きているのだ。

エイプリルフールとは、
心機一転、日常の価値に気づくの日なのだ。