No.747 「失敗も一つのアートだよ」(by 建築家・安藤忠雄さん)

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
[`evernote` not found]

うろ覚えの部分もあるけれど、
ぜひおはなししたい話がある。

少し前の話になるけれど、ある小さな街が、
かの有名な建築家、安藤忠雄に建築物の設計を依頼した。

工事は、地元の小さな会社数社が担当。
建築会社に勤務するAさんは、
「自分が安藤忠雄の建築物の現場監督になる」ということに、
緊張して夜も眠れなかったそうな。

毎日精神をすり減らしながらも、一生懸命工事を指揮するAさん。
そうした努力のかいもあり、安藤忠雄のアーティスティックな
建築物は、日を重ねるごとに完成形に近づいていた。


  「もう少し、もう少しだ…」


Aさんが初めて工事を終わりを予感した、その日。
ガチンコ風にいうと“とーんでもないこと”が起きた。
なんと、昨晩慎重にセメントを塗ったはずの壁部分に、
「ヒビ」が入ってしまっていたのだ。

がっくりとうなだれるAさん。

 
  「…なんてことだ、先生になんて言えばいいんだ…」


戻らないヒビを見つめるたびに、安藤忠雄の怒りくるった顔が浮かぶ。
けれど、工事責任者としてここで逃げるわけにはいかない。
Aさんは、恐る恐る安藤忠雄にヒビの件をうち明けた。

すると、安藤忠雄はこう言った。


   「わざとやったわけじゃないんだろ?
    一生懸命やったんなら仕方ないじゃないか。
    柱の傷も、そこに人や自然の力があったという一つのアートだよ」


その言葉を聞き、思わず目頭を熱くするAさん。
彼はその後、さらに一生懸命工事を指揮し、
結果、おおよそ設計図どおりの建築物を完成させた。

設計図とは異なるのは、
壁にヒビという工事の歴史が刻まれたこと。

完成した建築物は、
小さな街で起こった小さなドラマを
これからずっと語りついでくれることだろう。