No.753 うちの親父は営業マン


人前にも関わらず、
“生涯営業マン”を自負する
親父が快調にしゃべりだす。


 「いや〜お母さん、最近『酸素バー』ってのがあるらしいですわ。
  若い子が空気を吸いにいってリラックスするんですよ。
  この間東京に出張いった時にね、ワシもてっきり
  いかがわしい店やと思って入ったんですけどね…」


…いかがわしい店やと思って入るなよ。
ほんで、人前でそんなこと言うなよ。
親父の話は続く。


 「そうそう、東京の新宿にはホームレスがめちゃめちゃおるんですよ。
  このあいだ新宿で飲んでて電車がなくなりましてね〜、
  ホームレスのところに一泊したったんですわ。
  夜通し語りあったんですけど、アイツら結構エエこと言いよるんですよ、…」


野宿!? そんな話聞いてへんぞ親父。

うちの親父は営業マン。
体験がネタになり、ネタを話すことがまた体験になると言う。