No.824 スーパー先生シリーズ 〜例え大好き先生〜


=========================================
第3話  例え大好き先生
=========================================

「先生! 今朝財布をなくしたんです!」

  「ほぉ、クララが立ったことよりも衝撃的やな。」

「でも、よく見たら足下に落ちてました」

  「アホやな。
   Yahoo!の検索ボックスに『Yahoo!』と入力するくらいドアホやな」

「でも良かったー。実は僕の好きな子の写真を入れてたんですよ」

  「どれ、見せてみ。わー、中途半端やなー。
   京阪電車のキャラクター、淀屋けい子さんぐらい中途半端や」

「そんなん言わんとってくださいよ! めちゃ愛してるんですから♪」

  「そうか。愛は盲目か、かわいそうに。
   探偵ナイトスクープで無理して司会してる西田敏行よりかわいそうやな」

「ムカッ。そういう先生は彼女とかいるんですか?」

  「当ったり前やないか。写真はないけどな、
   全盛期の伊藤みどりみたいに美人やぞ。」

 

「…。先生の趣味って、
 人のファッションチェックをしてる場合じゃない
 ピーコのファッションぐらい、イケてないと思いますけど」

=========================================