No.938 古い外国の話

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
[`evernote` not found]

世界的に有名な犯罪組織、マフィア。

彼らは金と権力を得るためなら手段を選ばないという。
たとえ、爆弾を仕掛けた列車に、
愛する自分の家族が乗っていたとしても。

今も昔も、人間はあまりに物事に執着すると、
何も見えなくなる生き物なのだろうか。


古い外国の話である。

ある所に、人形を作るのが上手な男がいた。
男は街でも評判の真面目な青年で、毎日小屋にこもり、
せっせせっせと一生懸命働いていた。

そんな男にも同い歳の彼女がいた。
優しい性格で、きらきらと綺麗な目をしていたその娘は、
男にとってかけがえのない自慢だった。


冬が近づいた頃。

男はある計画を思いついた。
「クリスマスに、彼女にとても素敵な
 人形を作ってプレゼントしよう」と。

その日から、寝る間も惜しんで人形作りに神経を注ぎ、
男は顔がやつれるほど働いた。


クリスマスが近づいたある日。

完成間近の人形を前に、
男はうつろな目でその美しさに見とれていた。



 「あと少し…、あと少しだ」



男は彼女への想いをこめて、
最後に人形の目に“サファイヤ”を入れようと考えた。
しかし…、貧乏暮らしの男には、どこにもそんなお金はなかった。




クリスマスイブの夜。

男は雪の降る小屋の中で、
きらきらと美しい目が輝く人形を抱きかかえていた。

そして、両目から血を流して
動かなくなった彼女に向かって、そっとこう囁いた。



 「メリークリスマス」



古い外国の話である。