No.1000 祝!おはなし1000回記念 記者会見

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
[`evernote` not found]

☆★☆  祝!おはなし1000回記念 記者会見  ☆★☆




司会者「えー、只今より、sunny-yellowグループ主催
     『今日のおはなし』1000回記念を祝しまして、
     会員様向けの記者会見を行います。

     本日は、sunny-yellow会員の中から代表として
     数名の方に代表記者としてお越しいただいておりますので、
     主催者(H)に対してどんどん質問をお願いします」



H「よろしくお願いします」



司会者「では、はじめっ!」




ミスター尻ASS
「1000回達成おめでとうございます。
 まずは今のお気持ちを、おすぎ風にお願いします。」




H「泣けます、ホントウに泣けますっ!オリンピックの比じゃありません!
  毎日1通のこのメールが1000通になるなんて、
  誰が予想したことでしょう。
  細木数子でさえ的中できなかったこの展開、
  見逃したら一生後悔しますっ! えー、こんな感じでしょうか」



Y.N
「千回を迎えるおはなしにお礼を言うとしたらなんて言いますか?」




H「『人生の1ページを1000ページも残してくれてありがとう』と」



K.S兄
「1000回を達成したこの喜びを、
 いちばんに誰に伝えたいですか?やっぱり、おかんですか?」




H「賞味期限が過ぎた牛乳を平気で飲めるオカンには
  1000回の意味がなかなか伝わらないと思うので、
  何より会員の皆さんに大声で『ありがとう!』と伝えたいですね。
  読んでくれる人がいたからこその結果ですから。
  特に、第1回から読んで下さっている人は、
  1000回読んでくださったということなので、
  逆にこちらから拍手を送りたい気持ちです」



シュークリーム
「今まで続けられた理由は何でしょう?」




H「いろいろありますが、単純に楽しかったからです。
  キャッチコンテストや投稿などでいろんな人の
  いろんな言葉が集まるのを見て、
  『こりゃオモロくてやめられないな』と思っていましたから。
  また、続けられたもう1つの理由としては、
  感受性が磨かれる楽しみがあったからだと思います。
  おはなしというアウトプットの手段ができてからは、
  インプットしようという神経が敏感になり、
  結果としてずいぶん視野が広がりました。
  それは、僕にとってかけがえのない財産と言えると思います」



Y.N
「今までの総文字すうはなんもじですか?」




H「えっ!? 考えたこともありませんでしたが、
  1回で1000文字としても、
  1000回で100万文字はいってるかもしれません。
  1冊の本ができるぐらいは間違いなくあるでしょうね」




ローリングズコーンズ
「連載中一番苦しかった時はいつでしたか?
 またそれをどのように乗り切りましたか?」




H「あまり苦しかったという記憶はないのですが、
  あえて言うなら、一時期キャッチコンテストの
  応募率が落ちてきた時でしょうか。

  基本的にこのおはなし、そしてsunny-yellowグループのコンセプトは
  『みんなで楽しみを発見する』ということにしています。
  極端な話、僕が毎日おはなしを送らなくても
  みんなの言葉が飛び交うのであればそれでOKだと思うんですね。
  そういう意味でいくと、キャッチコンテストという企画は
  おはなしを代表する企画だと思っているんです。

  しかし、会員の皆さんもそれぞれに忙しかったりして、
  全員がキャッチコンテストに参加できるわけではないと思います。
  そこらへんのジレンマを最初に感じた時が、
  苦難と言えば苦難だったのかもしれませんね。

  しかし、地道に思いを訴えてきたおかげで、
  なんとか企画も無くならずに5年続いています。
  ホント、皆さんに感謝していますし、
  また参加者が増えることを心より期待しています!」



K.S兄
「おはなしは、いつどこで書くことが多いんですか?」




H「まず、いつ書くかについてですが、
  基本的には正午ぐらいをめやすに書くようにしています。
  理由は特にありませんが、なんとなくその時間が
  書くのにも読んでもらうのにもいいかなと思って。
  最近は遅れ気味ですけどね。

  また、どこで書くかについてですが、
  90%以上は会社のパソコンで書いています。
  幸いというか、モノを書く仕事をしている関係上、
  5分ぐらいの執筆時間は簡単に作れますので。
  残りの10%は、外出先でしょうか。
  携帯では文字数が限られるので、けっこーまとめるのに苦労しますが」



ローリングズコーンズ
「おやすむの起用のタイミングはまさに圧巻でした。
 あのタイミングはいつ、どこで、どのようにして毎回決めているのでしょうか?」




H「当初は正午ぐらいに、『今日は無理そう』と思ったら送っていました。
  最近は、時間を気にせずギリギリまで粘って、
  それでも無理そうなら仕方なく送るようにしています。
  ここで言う『無理そう』というのは、時間的に無理ということではなく、
  自分の心に『なんかある?』と問いかけても返事が返ってこない時、
  もしくは、返ってきても面白くない時です。僕も人間なので」



シュークリーム
「最近あまりないですが、おやすむになってしまった時、
 どういう気持ちですか?やっぱり書きたいですか?」




H「そうですねー、やっぱりしっかり書きたい気持ちはありますね。
  でも、『おやすむ』にもある意味価値があると思ってるので、
  申し訳ないという気持ちはありません。
  僕自身、たまにおやすむ方が人間味があると思っていますし、
  会員の皆さんの中にも意外とそれを楽しんでいる人もいますから」



Y.N
「少し指輪を見せていただけますか?」




H「はい、これでいいですか?え、それだけ?」



K.S兄
「奥様は、おはなしを毎回読んでいらっしゃるのですか?
 なにか感想とか奥様から聞いたりしますか?」




H「実は、嫁におはなしを見せたことは一度もありません。
  深い理由はありませんが、おはなしの場では
  わりと自分をさらけだして話すことが多いので、
  なんだかこっぱずかしくて。
  本当なら、身近な人にこそ自分をさらけだすべきなんでしょうけど、
  親や兄弟同様に、あまりにも自分に近い存在の人に話すのは、
  なんとなく照れがあるんですね。男が書斎を持ちたがる心境でしょうか。

  ただ、結婚してから家でキャッチの集計をやってる時に、
  嫁が隣でのぞいていたことはあります。その時の一言は、
  『ホンマにそんなん好きやなー、夢中やん』でした。
  内容を見せなくても、嫁は僕が何をやりたいかを
  ちゃんと知ってるようなので、それはそれでいいと思っています」



Y.N
「新しいメンバーの獲得をおかんがえとのことですが、
 すでにリストアップされてるようであれば教えてください」




H「まだ非公開ですが、小泉氏、ブッシュ氏、
  長嶋茂雄氏などの著名人がキャッチコンテストに
  参加すれば楽しいと思います。
  あまり会員数を増やすことに執着はありませんが、
  今後『この人!』と思う人に出会えれば、
  積極的に勧誘していきたいと思います」



シュークリーム
「対談企画の第二弾の予定はありますか〜?」




H「結婚準備にまつわるドタバタで、対談シリーズが
  途中になっていますが、今後も継続していくつもりです。
  また、ある程度対談が終了したら、
  複数の会員の方を集めて、『夜空はなぜきれいなのか』などについて
  テーマ座談会をやるのも面白いと思っています」



テントショップボーイ
「今後に向けて密かにしたためている新企画についてお話しなさい」




H「えー、いろいろと構想はしていますが、
  現段階では具体的にまとまった企画はありません。
  というか、今後の新企画については僕の独断ではなく、
  会員の皆さんをブレーンとして立ち上げていく方向に
  したいと思っています。委員長や当番を決めることも検討中です」



Y.N
「今度映画化されると聞きましたが」




H「具体的に決まったわけではありませんが、
  可能性はあります。もしも映画化するなら、
  監督はマイケル・ムーア氏か星野仙一氏にお願いしたいです」



ミスター尻ASS
「ペットボトルのリサイクルについて一言お願いします。」




H「ペットボトル!? そうですねー、ペットボトルに限らず、
  限られた資源を再利用することは大切なことだと思います。
  そういう意味では、言葉も同じく再利用していくべきですね。
  もしも、おはなしで新たな発見などがあれば、ぜひそれを
  皆さんの言葉にアレンジ、再利用して、
  周りの大切な人たちに伝えてあげてほしいです。

  また、言葉は消費したり再利用するだけでなく、
  自分で生産できる資源です。会員の皆さんには
  どんどん言葉を生んでほしいなーと思います」




ローリングズコーンズ
「これで1000回達成しました、次の目標を聞かせて下さい!」




H「イチロー風に言うなら、1001回目を書くことです。
  しかし、もうちょっと自分なりに言うなら、
  こうした活動をより『楽しみたい』ですね。
  あくまで回数は結果論なので、続けば続いたでいいですし、
  途中で終わればそれでもいいと思っています。

  ただ、できることなら、今後も皆さんと一緒に
  楽しいことを見つけたり、笑えることをやっていきたい。
  たかが言葉だけのメールマガジンと言えばそれまでですが、
  それをきっかけにいろんな気持ちを共有して、
  過去にやったキャッチコンテストやリレー小説、対談、
  アンケート、警ドロや花火などの企画モノも含めて
  みんなで毎日が楽しくなるようにしていければと思います」



司会者「えー、話はつきませんが、そろそろ時間ですので、
     以上をもちまして記者会見を終了致します。
     今後とも今日のおはなし、sunny-yellowグループをよろしくお願いします」



H「よろしくお願いしまーす♪」



              ありがとう、そして、これからもよろしく。