No.1152〜1153 待ちたまえ!電車男

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
[`evernote` not found]

●今日のおはなし No.1152●

毎年この時期になると、
「暑くなると変な人が増えるよねー」と
いう声を聞くけど、いた、ホントに変な人が。

今日から2話連続でお届けするおはなしは、
女性のみなさん必見である。

——————————————–
Round1 待ちたまえ!変な男!
——————————————–

昨日の朝、いつもどおり通勤電車で吊革につかまり立っていると、
目の前にわりとデカい男の人が座っていた。

歳の頃は30代半ばぐらいで、
白シャツに紺スーツというどこにでも居そうなリーマンスタイル。
前の朝も同じ電車だったから、
なんとなく男の顔に見覚えはあった。

でも、よく電車で会う人なんて沢山いるから、
特に気にせず窓の外を見つめていたのね。

すると、次の瞬間、男の動きに異変が…。
いきなり左を向いたかと思うと、
そのまま動かなくなったのだ。

「横顔に相当な自信があるのか?」、
最初は冗談でそう思ってたけど、数秒後に笑えなくなった。
男の目線の先をよく見ると、
隣で眠っているギャルの胸元を確実にロックオンしていたのだ。



 「こ、この男…、あぶない…」



それから電車が3駅ぐらい走る間、
眠り続けるギャルに、のぞき続ける男、
その男をマークしつづける僕、という
奇妙なトライアングルが続くことに。



 「この結末はどうなるんだ…」



あまりの緊張に頬から汗がしたたり落ちたその瞬間、
ギャルが動いた。下車だ。

僕も同じ駅で乗り換えだったので、電車を下りる。



 「あの男は…、昨日僕が乗り換える時に
 まだ座っていたから、ここでさよならだね」



内心僕はホッとした。

しかし、次の瞬間、
なんと僕や周りの人をかきわけるように
男がエスカレーターに向けて走り出したのだ。
まるで、ギャルを逃がさんとばかりに。



 「なぜだ!?オマエの下りる駅じゃないだろ!?
  いかん!これは最後まで見届けなくては!」



意味のわからない正義感が脳を刺激し、
僕は16ビートの鼓動で早歩きのまま男を追跡した。

                   つづく

 

●今日のおはなし No.1153●

(昨日のつづき)

——————————————–
Round2 乗り換えさせてたまるか!
——————————————–

額から汗を流しながら足早に前に進むと…、
いた。男がギャルの横に…。

わざとギャルに歩幅を合わせて歩きつつも、
やはり顔は真横で胸元ロックオンの男。
やばい。これはやばい。

駅員に通報しようかとも思ったけれど、
よく考えたら男は痴漢行為をしているわけでもないので、
訴えようがない。(頭の中では確実に痴漢してたと思うけど)



 「こうなりゃ、現行犯逮捕だ!」



と意気込んで、
乗り換えのホームまで尾行する僕。
(おさらいですが、この時の僕はあくまで通勤中)

ホームにはたくさんの人があふれていたけど、
背の高い男はどこにいてもすぐわかった。



    電車が到着しま〜す。白線の内側に…



ホームに鳴り響くアナウンス。

満員電車から人がたくさん下りてきた瞬間、
さっきまで左ばかり向いていた男が、
慌てて首を振りだした。



 「…野郎、さてはギャルを見失ったな」



1000万円の財布を落としたかのように、
半パニック状態になる男。



 「なぜだ!?何がオマエをそこまで必死にさせるんだ?」、



そう思いながらも、
人波をかきわけて男の背後に回りこむ僕。
(くどいようですが、通勤中です)

と、次の瞬間、
男が隣の車両めがけてダッシュしだした。



 「くそっ!逃がすかっ!」



慌てて後を追う僕。



    発車しま〜す、プシュ〜



扉が閉まり、少し酸素の薄い電車が走り出す。
僕は、完治していない右腕をかばうように体勢を立て直してから、
急いで男を探した。



 「いた!あそこだ!」



数m離れたところに、吊革につかまって立つ男…。
その隣には…、
さっきのギャルが男に背を向けて立っていた。

どうしようと考えているうちに電車は次の駅に着き、
僕はそこで車両から下りた。
(通勤中だったので)

ということで、
その後の二人の行方を僕は知らない。

男がどこまでギャルを追い続けたのか、
ギャルは無事だったのか、
そして、そもそも男は会社に間にあったのかどうかも…。

本当にあった怖い話。
女性のみなさん、いくら暑いと言っても
露出の多い服装にはご注意を。

僕が見たギャルがそうであったように、
あなたも知らないうちに
知らない人にロックオンされているかもしれないから。