No.1199 我が家版 IT革命 〜両親が“ケータイ”を購入した日〜


日曜日。大事件が起きた。

夕方頃、自宅に戻ると1枚のFAXが。
オカンからだ。



    「お待たせしました。ついに、携帯電話を買いました」



なにっ!? マジで?

他の家ではどうかは知らないが、
我が実家ではIT化が非常に遅れており、
これまで携帯電話もパソコンもなかった。

その両親が、ついに携帯電話を…。
これは我が家の歴史をくつがえす大事件、
遅れてやってきた「IT革命」だ。

FAXに目を通すと、オヤジとオカンそれぞれの
携帯電話番号、メールアドレスが。



 「うわっ、マジやん」



どこか半信半疑だった僕も、
それを見た瞬間、現実だと気づいた。
とりあえず、オカンの携帯電話に初めてかけてやる。



    「(トゥルルルル、トゥルルルル)はい、もしもし」



うれしそうなオカンの声。
まるでサンタにプレゼントをもらった子どものようだ。



 「ホンマに買ったんやな」



    「そうやで。メールアドレスもあるからね。
    今、一生懸命打ち方を勉強してるねん」



電話をしながらFAXに書かれたメールアドレスをよく見ると、
オヤジのアドレスは「○△◇□-kyojin@…」、
オカンのアドレスは「△◇□○-taikyokuken@…」。

「巨人」と「太極拳」って…。
親たちよ、誰に習ったかは知らないが、
自分の好きな言葉を入れればいいってもんじゃないぞ…。

とりあえず電話を切って、
両親のアドレス宛にテストメールを送ってやることに。

30年生きてきて
こんな風に親に言葉を送るのは初めてで、
少し新鮮な感じがした。

20分後、まずはオカンからメールで返信が。
(以下、原文のママを引用)


>アドレス入力しました.又何かあれば送信して下さい


これを打つのに20分かかったんかー。
これから頑張って練習してもらわなな。

そこから遅れること1時間後、
今度はオヤジからメールで返信が。
文字を見た途端、目を疑った。


>元気でやっていますか゜ 父より


「か」に「゜」!?
なんて読むんだ?
というか、どうやって打ったんだ!?

オヤジが書くメールを読むことなど、
もちろん生まれて初めてだったが、
ある意味で衝撃のデビューメールだった。

「か」の横に「゜」なんて、僕らでは想像もできない。
いや、
「息子よ、固定概念に縛られるな」という暗黙のメッセージなのか?
親のITポテンシャルは計り知れんなー。

と、その数分後、
今度は神奈川に住む姉キからメールが。


>注意報発令!実家の父母がついに携帯持ったらしい。喧嘩しながらメールうってきます!


そうか。姉の方にはもう被害が出たか…。

どちらもメカは苦手なくせに、
オヤジは知ったかぶりでオカンに教えようとして、
夫婦ゲンカが起こる。
親が携帯を持ったら、こうなることはわかっていたのだ。

その数分後、オカンからメールが。


>メ-ルアドレスと電話番号はセットと思い込んでいました。
>お父さんに言うとアホかー常識じゃ!別に決まっとる。
>ここで優太郎語録を1つ。
>お父さんとお母さんは、幼虫で生まれて人間になったの??爆笑 以上



優太郎とは、姉キの子ども(つまり両親の孫)。
デレデレな様子を伝えるそのメールに、
僕はどう返信すべきか悩んだ。

というか、これからこんなデレデレメールが
毎日届くんだろうか。嗚呼、恐ろしい…。