No.1299 ハリウッドリメイク版 「桃太郎」

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
[`evernote` not found]

最近のアメリカ映画は退屈だ。
もちろん、すべてとは言わないけれど、
That’s アメリカ!って感じの作品がいまだに多くて、
どうしても飽きてしまう。

「南極物語」とか、日本のコンテンツを
どんどんリメイクするのもいいけれど、
もっと新しさがほしいよねー。
結局、いつものアメリカンテイストにされるなら、
日本作のいい話しも良さが半減してしまうし。

もしも「桃太郎」がアメリカにパクられたとしたら、
こんな感じにされるんだろうなぁ。

————————————————



「Oh! Peach Boy! いったいどこへ行くんだい?」



  「Grandfather& Grandmother、許してくれ。
   宇宙からやってきたあのOniを退治しなければ、
   このままじゃ地球は滅びてしまうんだ」



「でも、youが行かなくたっていいだろ、Peach Boy」



  「いや、ダメなんだ。俺はAmerica人だ。
   Americaには地球を守る義務があるんだよ。
   たとえそれで死んだとしても…地球のために、
   Americaのために死ねるなら本望さ」



「だっ、だけどPeach Boy…」



       『よくぞ言ってくれたPeach Boy!』



  「だっ…、大統領っ!」



       『youのハートに感動した。
        オニについては、すでにCIAとFBIに調べさせている。
        ともに戦うためのパートナーとして
        陸軍のMonkey軍曹とDog中尉、
        空軍のキジ大尉に応援を依頼しておこう。検討を祈る』



  「Yes,sir!! (敬礼) Oh、愛しのAmericaよ、FOREVER!」



      (エアロスミス系のアメリカンロックが流れる)



「本当に行くんだねPeach Boy」



  「すまない、Grandfather& Grandmother。
   でも、オレは必ず生きて戻ってくる。
   なぜなら、オレにはOniたちには負けないものがあるから」



「負けないもの?」



  「それは、“愛”さ。
   Grandfather& Grandmother、そして
   愛するNancyのためにも、オレは戻ってくる!」



    「Peach Boy!」
 


  「Nancy!」



    「I love you、Peach Boy」



  「me,too」



————————————————

あー、ダメだなこりゃ。
アメリカ版「南極物語」の出来が心配…。