No.1397 愉快な誘拐犯

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
[`evernote` not found]

夜の駐車場。

男児に強引に白い液体を飲ませた後、
男は共犯の女に何度も確認していた。


 「…眠ったか? 眠ったな?」


車のシートにぐったりと倒れ込む男児。
それを見て、男はすかさず男児をベルトで縛り上げ、
息を切らしながらアクセルを踏んだ。

意識を失ったまま、
見知らぬ場所へ連れ去られていく男児。
そんな彼をよそ目に、作戦の成功を確信して
車中で高らかに笑う男と女。

やがて女はカバンから携帯電話を取り出し、
唾液をたらした男児の顔を眺めながら、こう話し始めた。


   「もしもし、私。
    連れ出せたわ。1時間後にそっちに着く」


男はバックミラーでその様子を見ながら、
またアクセルを踏んでスピードを上げた…。


さてと、そろそろいつものトーンで書こうっと。
上の話は、昨晩、嫁の実家(奈良)まで
嫁と息子を車で送った時の話である。

ミルクをたらふく飲ませ、ぐでんぐでんにしてから、
ベビーシートに寝かしてダッシュで連れ去る。
数日前からシミュレーションした作戦のおかげで、
車中、息子はいびきをかくほど熟睡だった。

産まれてから1カ月間、
検診で数百m先の産院までおでかけした以外は、
自宅をまったく出たことのない箱入り息子。

大阪市どころか、大阪府を出て奈良県に行くなんて、
彼にとっては人生初の大冒険だっただろう。

目を覚ましたら奈良の家で、
息子は「なんかいつもと違うなぁ」という顔で
きょろきょろしていた。

大阪から奈良という微妙な変化ではあるけれど、
彼の中の世界が少しでも広がったらうれしい。