No.1436 ハローワーク行きの電車


駅のホームで目を閉じると、
どこからともなくJR車掌の内輪話が聞こえてくる気がした。



車掌A「おっ、オマエ、いつのまに
    『雷鳥』なんて運転するようになってん?」



車掌B「いやいや、先輩みたいに
    『サンダーバード』を運転できるのはまだまだっすよ」



車掌A「まぁな。でも、エエ加減
    北陸以外にも行ってみたいよな。
    羽二重餅は食い飽きたわ」



車掌C「ちょっとちょっと、お二人ともまだいいですよ。
    ボクなんて、環状線担当ですよ。
    朝から夜までずっとグルグルまわってるだけで、
    たまに外回りから内回りになっただけで
    喜んじゃう自分が、なんだかせつないっすよ」



車掌A「それはそれで大変やなぁ」



車掌C「ボクだって、お二人みたいに駅飛ばしてみたいっすよ…。
    指定席の切符を拝見してまわりたいっすよ…」



車掌B「そうか、ごめんな。悪かったわ。
    環状線はたしかに大変やけど、
    たまにUSJの車両に乗れるからまだエエやん。な?」



車掌C「それはそうですけど…、ボクの同期なんて
    もう『トワイライトエクスプレス』乗ってるんですよ…」



車掌A&B「とっ、トワイライトエクスプレスっ!?」



車掌C「なんでも、就職活動の面接の時に
    『僕、ずっとコンビニで深夜勤務してました』って
    言ったことがきっかけで、適性が認められたとかで。
    深夜に人を運ぶって、なんかちょっとカッコ良すぎないっすか?」



車掌A「カッコいいもなにも、俺らの世代では
    トワイライトエクスプレスって言えば憧れやで。
    みんな銀河鉄道999に憧れて
    この仕事に就いたヤツばっかりやからなぁ。
    まぁ、今ではみんな夢破れて、
    交通資料博物館で働いてるけどな」



車掌B「先輩の時代って、厳しかったんですね…。
    それに比べたらボクらなんてまだいい方かも。
    でも、なんか…、やるせなくなってきましたね。
    僕、『雷鳥』やめて、阪急電車に転職しますわ。
    乗客にきれいなお姉ちゃん多そうですし」



車掌A「オマエ、本気か!?
    じゃあ、オレも京阪電車でおけいはんになるよ」



車掌C「ボクも…、地下鉄にでも転職しようかな…。
    環状線よりもマシそうだし」



車掌A「バカヤロー! おまえ、地下鉄なんか行ったら、
    運転なんていらなくなるんだぞ。
    決められた路線の最初から最後までを往復するだけ。
    そんな、決められたレールの上を走る人生でいいのか!?」



車掌B「せっ、先輩…、
    僕たち今でもレールの上を走ってると思うんですけど…」



車掌A「アホやなぁオマエは、精神面の話や!
    レールの上を走る仕事ではあるけど、
    人生までレールどおりに走る必要はないってことや!」



車掌B&C「せ、先輩…(涙)」



車掌A「ということで、俺は今からハローワークに行って来る。
    オマエら、どうする?」



車掌B「ボクも行きます!」



車掌C「ボクも!」



車掌A「よし、えーっと、
    『毎度ご乗車ありがとうございます。
    この列車は、大阪発 理想の国行きです。
    間もなく扉が閉まりますので、
    お乗りの方はお急ぎください』」



車掌B&C「わぁー、その列車、乗りまーす♪
     待ってくださぁい♪」



車掌A「ぷしゅー。それでは、出発進行ぉー!」



(このお話は、あくまで空想にもとづいたフィクションです)