No.2858 他界した伯母の言葉

先月末、伯母が亡くなった。

ということを、
昨日オカンから知らされてショックだった…。

連絡が遅れた理由は色々あるけれど、
それはまた後で話すとして、
訃報を聞いて浮かんでくるのは
幼い日に世話になった出来事だった。


初めて東京に行ったのは、 続きを読む

No.2516〜2518 おばあちゃんの他界

●今日のおはなし No.2516●

「急逝(きゅうせい)」という言葉がある。
文字どおり、人が急に亡くなること。

でも、この言葉自体が
当たり前のことなのかもしれない。
人が亡くなるのは、
いつだって急なものだから。

3月22日。 続きを読む

2003年第3回キャッチコピーコンテスト「平和」

お待たせしました!
「2003年第3回 キャッチコピーコンテスト」の結果発表です!!

先に言っちゃいますが、今回の選考はかなり悩みました。
なぜなら、今回のお題はなんとなくいつもと異質で、
応募のあったキャッチがすべて胸にきちゃうので。

うまいとかうまくないとかじゃなく、
シンプルでもメッセージを感じさせてくれたものを中心に選びました。
それでは胸に手をあてて祈りながら、「平和」。 続きを読む

No.2443&2445 おばあちゃんの危篤 〜救命と延命の境界〜

●今日のおはなし No.2443●

待つからには、
たいてい、楽しいことが訪れるもの。

楽しくないことなら、
人間は待ちはしない。

でも、現実として
楽しくないことを待たなければいけない時もある。

今の、僕のように。 続きを読む

No.1394 蘇生 〜一度死なないと生きていることに気づかない〜

手術を終え、今日から社会復帰。
まだ少し不自由な右手を使って、
キーボードを叩いている。

いろいろあったけど、手術をして良かったと思う。
きっと、全身麻酔手術をしたことのある人にしか
分からないかもしれないけど、
「生きる」ことを見つめ直すことができたから。 続きを読む

No.1293 「後悔すること」はいいことだ




 「ハイ。勝敗はやってみないとわかりませんが、
  後悔だけはしないようにがんばります!」



スポーツ選手のインタビューなどでよく見かける、
なんとも好感度の高い回答だ。

こういう意見を耳にした時、以前なら
「うんうん、そうだよね、後悔ないようにね」と共感していた。
でも、 続きを読む

No.722 遺書

ごくたまに、
「みんなが“遺書”に書く言葉って、
 いったいどんな言葉なんだろう?」って想像する。

一生の集大成として
言葉を綴る人もいるかもしれないけれど、
僕はたぶん、
たわいもない日常の言葉を書いてしまうだろう。
「今日はいい天気だ」とか「おなかが空いた」とか。 続きを読む