No.135 雨の降る境目 

今日は「懐かし恥ずかしの作品集」のコーナーです。
確かこれは高3くらいに書いたっけなー。

雨のふるタイミングが誰にも分からないように、
恋の終わるタイミングも、誰にも分からない。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「雨の降る境目」

うつむきながら駅を出た 続きを読む