2019年第5回キャッチコピーコンテスト「お墓」

梅雨真っ只中!
「2019年第5回キャッチコピーコンテスト」!!

雨の多い季節になりましたが、
皆さんいかがお過ごしでしょうか?
外に出られない日が多いなら、
たまにはゆっくりと人生のことでも考えてみましょう。

ということで、いきます!
終活には欠かせません。
「お墓」キャッチ!! 続きを読む

2018年第4回キャッチコピーコンテスト「お葬式」

あれ、もう5月終わったの?
ちょっと焦りながら、
「2018年第4回キャッチコピーコンテスト」の発表です!!

ゴールデンウイーク明け、
のんびりしている間に時間が過ぎてしまいました。
こんな感じじゃ、一生なんてアッという間かも。。
生きているうちに心の準備だけしておきましょうか。

今回はいい作品が多くて悩みました。
迷った挙げ句、1位は2作品。

それでは行きましょう!
涙のセレモニー、「お葬式」キャッチ!! 続きを読む

No.3079 息子と交わした男の約束

昨日、リビングで
息子が娘と暴れて遊んでいた。

「あぶないからやめなさい」と僕。
「もぅ、物壊すから」と嫁。

テンションの上がった子どもとは
そんな親の忠告なんて耳に入らないもので、
その後もボールを投げたり、
ソファで跳びはねたり暴れていた。

数分後、起こるべくしてそれは起こった。 続きを読む

No.2853 東北に勇気を与えた野球の神様

テレビでスポーツを観ない人でも、
ドラマは観るでしょ?

野球にあまり詳しくない人も、
ここからの話は
1つの「ドラマ」だと思って聞いてほしい。

今年のプロ野球日本シリーズは、
球史に残る名勝負となった。

万年弱小チームと呼ばれ続けた
東北楽天ゴールデンイーグルスが、 続きを読む

No.2516〜2518 おばあちゃんの他界

●今日のおはなし No.2516●

「急逝(きゅうせい)」という言葉がある。
文字どおり、人が急に亡くなること。

でも、この言葉自体が
当たり前のことなのかもしれない。
人が亡くなるのは、
いつだって急なものだから。

3月22日。 続きを読む

2003年第3回キャッチコピーコンテスト「平和」

お待たせしました!
「2003年第3回 キャッチコピーコンテスト」の結果発表です!!

先に言っちゃいますが、今回の選考はかなり悩みました。
なぜなら、今回のお題はなんとなくいつもと異質で、
応募のあったキャッチがすべて胸にきちゃうので。

うまいとかうまくないとかじゃなく、
シンプルでもメッセージを感じさせてくれたものを中心に選びました。
それでは胸に手をあてて祈りながら、「平和」。 続きを読む

2000年第3回キャッチコピーコンテスト「卒業」

本当にお待たせしました!(4月になってもた)
2000年第3回キャッチコンテストの結果発表です。
今回は何かと忙しい3月中に行ったことと、
お題が難しかったせいか、いつもより応募は少なめでした。

とは言え いいもんはイイので、発表します。

あぁ卒業式で泣かないーと~
      冷たい人と言われーそう~(by斉藤由貴)

ではでは、いってみましょう。「卒業」。 続きを読む

No.2443&2445 おばあちゃんの危篤 〜救命と延命の境界〜

●今日のおはなし No.2443●

待つからには、
たいてい、楽しいことが訪れるもの。

楽しくないことなら、
人間は待ちはしない。

でも、現実として
楽しくないことを待たなければいけない時もある。

今の、僕のように。 続きを読む

No.2348 蝶の命と、男の子の涙

4歳ぐらいだろうか。
公園で、水鉄砲を持った男の子が遊んでいた。

ぴゅー、ぴゅーと
何かを追いかけながら水を撃っていて、
その先を見ると、白い蝶が飛んでいた。

「待てぇ〜」と楽しそうに追いかける男の子。
撃たれてなるものかと、ひらひら飛び回る蝶。 続きを読む