1999年第4回キャッチコピーコンテスト「水」


お待たせしました。第4回キャッチコンテストの結果発表です。
今回は何やかんやで過去最高の応募率でした。
この世で一番抽象的かもしれない「水」から
みんながどんな事を考えたのか。それでは、



★★お気に入り第1位★★



 おかんが水の入ったコップをひっくりかえす。

 床にばらまかれる、水。

 歳とったのぉ、おかん。

 おかんが床を拭いている。

       -受賞者-T.Hさん(16pt.)


(コメント)
送られてきた時、色んな情景が頭をよぎりました。
こういう水の使い方もあったんだなぁ、と感心。
水は「こぼれるもの」。
何かの器にいれて水をとても不安定な状態で扱う人間にとって
そのバランスを保てなくなる事は、
一歩一歩自然に近づいてる、つまり地に還る準備を
始めている証ともとれる。深いなぁと思いました。



★★お気に入り第2位★★



 坂本竜馬がブルマをはいていたかどうかはわからない、
 が、水は飲んでいた。と、思う。

          -受賞者-Y.Nさん(30pt.)


(コメント)
頭では分かってるつもりだけど、
水は僕達の思うよりずっと昔から存在してる。
それを竜馬を使って表現したウマさに拍手。



★★お気に入り第3位★★



 実は 人 殺せます

          -受賞者-打倒ウォン兄弟さん(24pt.)


(コメント)
気づきですね。しかもハヤイ。
身近な存在だけど、とんでもない凶器にもなる。
それが水かもしれません。



★★お気に入り第4位★★


・味もそっけもない水が、おいしい水です。


・ひとつを除いて全てを失わなければいけないならば、
  愛を残しますか。水を残しますか。

          -受賞者-どっちもK.Sさん(15pt.)


(コメント)
上のは水の「無」を追求した感じがする。そう、味を足して
おいしくした飲み物はいくらでもある中で、水は何もないからこそ
おいしい。「永遠のNo.1ドリンク」やね。
下のも「絶対必要な存在」というのを、同じくらい必要だとされる
愛を使って表現している。上手ですね。「除いて」を別の言葉で
言って、「ならば」をとってしまえば、
もっとスッキリとしたキャッチになるんじゃないでしょうか。



★★お気に入り第5位★★



  無色透明無味無臭・・・。
  ”無”が こんなにも大切なこと
 とっても意味があること 教えてくれてありがとう。


          -受賞者-S.Mさん(1pt.初受賞)



(コメント)
初受賞おめでとうございます。水の「無」をあらわす
分かりやすい作品



■■ 特別/なんかええやん大賞 ■■



・地下鉄でいきなりのホールドアップ。そんなときの水分補給に


・全裸でフルマラソン!?こいつで頭を冷やせ!


          -受賞者-Y.Nさん(36pt.)


(コメント)
色んな表現が出来るという面では、
他を圧倒して特別賞4連覇。感心するわ。



■■ 次点。おしかったね。 ■■

 ・ふと目を上げると、川の水は流れていました。
  歩きつづけてみよっか、
  そんな気になりました。
 
 ・最初に水を汚したのは、人間でした。
 
 ・水は飲み物、水は道具、水は自然、水は思い出
  あなたの水は何ですか?


●●その他の作品も一部ご紹介●●

・紀香の聖水か曙の汗水。今ならどちらか抽選であたります

・水玉の水。(カルピスコピー)

・究極のバランスをもって変化と循環をし続け
 全てを受け入れ、全てを生み出した生物の母。
 多分、怒るとめちゃくちゃ恐い。

・あなた”いろ”に染めて。

・冷たくしないで、こわれそうだから
 ほてらさないで、消えてしまいそうだから

・どっちの味方? カレー それとも 私?

(カレーライスの横に置いてある水は、辛さ防止のために
 あるように見えるが、飲めば飲むほど辛くなる。あんた
 は一体どっちの味方なの?という感じ)

・この世で唯一、すべてを流し、溶かしてしまえるもの

・私たちは、涙というあつい水を流して生きている。

                   他、19本。

たくさんのご応募ありがとうございました。
何でもいいのでまたご意見下さい。待ってます。