2002年第7回キャッチコピーコンテスト「夜店」


夏だ!35度だ!打ち上げ花火がわりにド-ンといきましょう。
2002年第7回キャッチコピーコンテスト~!

今回は久しぶりにレベルの高いコンテストになりました。
選ぶのに苦労したくらい。(1位も2作品出ています)

お祭りシーズン真只中に、このお題。
あの情緒たっぷりな風景を思い出して、皆さんはどんな言葉を浮かべたんでしょうか?
それではいきましょう。「夜店(よみせ)!」


★★ お気に入り第1位 ★★(2つ)


 ジャパン イルミネーション


       -受賞者-ロ-リングズコ-ンズさん(13pt.)



 笑店街。


       -受賞者-K.S兄さん(33pt.)


(コメント)
送られてきたキャッチを見た瞬間に、
一瞬にして鮮やかなイメージを抱かせてくれた2作品。

まず上のロ-リングズコ-ンズさんの作品。
「夜店の、あの、日本的な、情緒のある雰囲気、
 なんて表現したらいいんやろ~!」と思っている人に、
無駄なひねりを一つも加えず、「ジャパン イルミネーション」。
まるで8ミリで撮影しているようなあの空気を演出するには、
十分すぎるほどのエキゾチック感を醸し出していますね。
「ジャパン」が「ジャパニーズ」なら、文法的には合ってるけど少し説明臭い。
「イルミネーション」が「ライト」なら、ぼやけた薄明かりのイメージが出てこない。
そういった点では、言葉のチョイスとしてもナイスだったのではないでしょうか。

次に下のK.S兄さんの作品。
「短さとは想像力の産物」だと外国の誰かが言ってましたが、この1本はまさにそれですね。
「笑」と「街」という字が、夜店の雰囲気をすべて語ってくれています。
想像してみて下さい。「夜店」を車で突っ走る人はいないでしょ?
そう、みんな歩くんです。いつのまにか、あの徒歩のスピードも「夜店」の風景の一つ。
「商店街」を文字ったことで、徒歩の緩やかなスピード感が出てていいですね。

お二人とも1位おめでとうございまーす!


★★ お気に入り第2位 ★★


 全部高いけど、全部欲しい。


       -受賞者-マシュマロさん(45pt.)


(コメント)
最後の最後まで悩みましたが、これは限りなく1位候補でした。
ある意味、一番夜店に来るお客さんの心をつかむキャッチだと思います。
夜店って「え?なんで紙コップビールが500円なん!?」というくらい、
ホントに何もかもが高い。焼き鳥一本も200円する。
でも…、欲しくなってしまうんですよね。買ってしまうんですよね。
いつもなら目もくれない小さな人形も、ぬいぐるみも、
飴ちゃんも、あの薄明かりの下では欲しくなってしまうもんです。
順位に関係なく、このキャッチは素直で大好きです。


★★ お気に入り第3位 ★★(2つ)


 匂う夏のルミナリエ。


       -受賞者-Y.Nさん(39pt.)



 合法と非合法のあいだ。


       -受賞者-ミスター尻ASSさん(35pt.)


(上コメント)
「夜店」のあの光をとりあえず「ルミナリエ」に例えてみて、
「アカン、それじゃ綺麗すぎて夜店とちゃうわ」と言って
「匂い」を足した作者の顔が目に浮かびますね。
きれいだけど、冬の景色よりも濃い匂いがある。
「夜店」の雰囲気は、鼻から入ってきますもんね。
あえて言うなら、イカ焼きの匂い?

(下コメント)
これも分かりますね~。夜店を歩いているとたまに、
「え…、これって売っていいの?」というブツに出会うことがあります。
そんな時、たいていテキ屋の兄ちゃんは
「さぁお兄ちゃん、とりあえず買っとこ!」とごまかすものなんですが。
冷静と情熱のあいだのように、合法と非合法のあいだで織りなされるイリュージョン。
裏舞台まで覗けば、「夜店」って奥が深いですね。


★★ お気に入り第4位 ★★


 店の名前は教えられません。


       -受賞者-ミスター尻ASSさん(38pt.)


(コメント)
これは盲点でした。たしかに。
お店はお店ですが、名前を教えてもらった「夜店」はなかった~。
でも、店の名前を言わないからこそ、夜店のお兄さんやお姉さんが風来坊に見えて、
「今日しか会えないんだ」という一期一会を感じて、胸がときめくんでしょうね。


★★ お気に入り第5位 ★★(2つ)


 庶民の百貨店。


       -受賞者-JZS147さん(10pt.)



 こわもての花道


       -受賞者-Y.Nさん(40pt.)


(上コメント)
なんでもありますもんね。「夜店」って。
食べ物や飲み物はもちろん、なぜか浮き輪、
なぜかジャニーズグッズ、なぜかパンツ…etc.。
ホントに、百貨店顔負けの品揃えですね。
ちなみに、僕は小学生の頃、夜店でメガホン片手に
“くつ下”と“ランニングシャツ”を売っていました。
大学生の頃は、ロ-リングズコ-ンズさんがバイトをしていた
天神祭りの「夜店」で、“高麗人参ドリンク”を売るキャッチを書かされたこともあります。
どちらも今思えば…、んなモン売れるか!

(下コメント)
ヤンキー、チンピラ、あ、パンチパーマや…。
「夜店」をやってる人は、心は優しいけど顔はとにかく怖い。
田舎の祭りになればなるほどその度合いは高まります。
まさに「こわもて」のオンパレードなんですが、
「花道」という言葉で“怖さ”と“情緒”のバランスを
とってくれているあたりが好きですね。


■■ 特別/なんかええやん大賞 ■■(2つ)


 金魚すくいも SHIMANO です。江口洋介


       -受賞者-時速150kmさん(36pt.)



 ほんのり浮かぶあの子の笑顔。
 照らすはおやじの間接照明。


       -受賞者-Y.Nさん(46pt.)


(上コメント)
江口洋介、その昔はマイケルJフォックスなんかも出演していた、
“釣り竿”で有名なシマノのCM。
わりと高級なシマノシリーズを知ってる人なら、
このキャッチのオモシロさも倍増でしょう。
フィッシングジャケットを着込んで、シマノの竿を握り、
金魚すくいと言えども、あくまで手を抜かないその姿勢。
子供がはしゃぐ夜店の前で「金魚すくいも SHIMANO です。」と
渋く言いきるその姿には、バカ馬鹿しさがあってグッドです。

(下コメント)
「夜店」というお題を、わりと遠くから広角レンズで狙ったキャッチが多かった中、
この作品は至近距離から“写るんですカメラ”で「夜店」を覗いている感じがしました。
もしも「夜店」に“味”というものがあるならば、この作品は“味”を見事に表現してくれていますね~。
夏祭りや「夜店」には、“素敵なときめき”と“庶民くさい匂い”が同居しています。
無邪気に笑う女の子の笑顔に“ときめき”、夜店のおやじの汗ばんだハゲ頭に“匂い”。
この作品は、いい“味”出してます。



■■ 次点。おしかったね。 ■■

・バーゲンは、せえへん。

・消費税なんか、いらん。

・売っているのは、魔法です。

・年中、夢中。

・君の右手、今夜は金魚にレンタル中。

・インフレスポット

・真夏の夜のインフレ。


●●その他の作品も一部ご紹介●●

・利権の温床

・100円玉もお祭り騒ぎ!

・閉店時間は???

・神社の期間限定ネオン。

・ラブラブカップルも涼しげに・・・

・うなじ祭り!

・あえて競合、いわゆる談合

・浴衣に金魚 わたがし 花火

・元祖路上販売

・人気投票
 第1位:かき氷
 なぜか食べとかないといけない気がして…

・イベント終了直後、駆け込みダッシュ!!

・最近は夜店もインターネットで注文か・・・。絶対買わないなあ。

・8割方、俺より年下。

・今年の売れ筋はアブトロニック

・冬も営業してるのが、TUBEとちがうところです。

・『ひよこ釣り』はギリギリセーフです。

・フードファイト一本勝負(男子2000M)

・あっ、たのきんのブロマイド・・・

・『意外と知られていない驚愕の事実~夜店編その1~』
 トラベラーズチェックOK。

             (他32本 今回は大盛況♪)


沢山のご応募ありがとうございました~!
この季節がそうさせてくれるのでしょうか。
夏のキャッチ祭りは、いい作品が集まりますね~。
とりあえず、夜店の季節はこれからが本番です!