2005年第7回キャッチコピーコンテスト「浴衣(ゆかた)」


夏本番!
「2005年第7回 キャッチコピーコンテスト」の結果発表です!!

7月も後半を迎え、毎日毎日カンカン照りのおてんとさま。
今年も花火大会、夏祭りの季節がやってきました。
そんな夏の催しに彩りをそえる今回のお題に、
みなさんはどんなイメージを持っているんでしょうか。
それではいきましょう。ジャパニーズ イブニング ドレス、
「浴衣(ゆかた)」!



★★ お気に入り第1位 ★★


  涼美女(クールびじょ)


       -受賞者-テントショップボーイさん(60pt.)



(コメント)
「ゆかた」の魅力ってなんだろうといろいろ考えてみたのですが、
やっぱり、クールさなんでしょうね。
蒸し蒸しした日本の夏の夜、
「ゆかた」を身にまとって涼やかに歩いていく女性。
暑さとは対照的なそのオーラに“美”を感じるんだと思います。
今年流行の「クールビズ」を文字りつつも、
「ゆかた」にクラシカルな雰囲気を感じさせるナイスな作品だと思いました。



★★ お気に入り第2位 ★★


  夏のコスプレ


       -受賞者-T.Kさん(10pt.)




  ペ和ルック。


       -受賞者-K.S兄さん(19pt.)



(上コメント)
シンプル イズ ベスト。分かりやすいキャッチですね。
「浴衣(ゆかた)」って、元々は文字どおりバスローブみたいなもんだから、
いつの季節に着てもいいんです。でも、結局みんな夏しか着ない。
もはや「ゆかた」は“服”ではなく、
夏を楽しむための“アイテム”になってるんですね。
一時的にアイテムとして楽しむ現代の「ゆかた」を、
“コスプレ”という一言で言い切ったあたりが
とても気持ちいい作品でした。


(下コメント)
温泉旅行とか行くと、「ペ和ルック」カップルが沢山歩いていて、
腹が立つんですがうらやましい!
ペアルックを1文字変えただけのなんてことのない言葉ですが、
妙に「嗚呼、カワイ娘ちゃんと浴衣で歩きたい」というイメージが広がりました。
和装でデートするという感覚は、今の若い世代にとっては
とっても新鮮に感じられるのではないでしょうか。



★★ お気に入り第3位 ★★


  脱がしにくい 着せにくい


       -受賞者-和製◇長さん(40pt.)




  夜咲くあさがお


       -受賞者-テントショップボーイさん(65pt.)



(上コメント)
作者の経験と感想がにじみ出ているキャッチですね。
その時の状況をもっとじっくり聞いてみたいもんですが、
男性が悪戦苦闘している情景を想像して笑えました。


(下コメント)
個人的にはすごく共感してしまったキャッチです。
昔、彼女と一緒に花火大会に行ったんですが、
彼女が着てきた「ゆかた」に咲く花がとても綺麗で、
薄暗い夜の道で眩しく見えたのを覚えています。
夜空に打ち上がる花を見上げるのも楽しいですが、
お祭りの人並みに咲く花を見るのも風流ですよね。



★★ お気に入り第4位 ★★


  薄皮一枚。


       -受賞者-ロベルト・ハッシオさん(40pt.)



(コメント)
「ゆかた」ってなんであんなに薄いんでしょう。
たぶん、湯上がりの体温を冷ますためとか
もともとはそういう理由だったんでしょうが、
男女の距離を少しでも縮めるためだとしか考えられません。
薄い生地1枚だけを挟んで体を寄せ合う時のあの距離感。
この世に夏があって良かったと思う瞬間です。



★★ お気に入り第5位 ★★


  夏一番の勝負服。


       -受賞者-時速150kmさん(18pt.)



  夏のワタシの勝負服。


       -受賞者-K.S兄さん(20pt.)



  女の勝負服。男の祭り服。


       -受賞者-うりたろうさん(65pt.)



  真夏の夜の戦闘服


       -受賞者-和製◇長さん(41pt.)


(コメント)
男って、ハッキリ言って「ゆかた」姿の女性にめちゃめちゃ弱い。
逆をいえば、女性にとっては男をオトすキラーアイテムになるのかも。
「勝負服」「戦闘服」という言葉は、妙にハマッているなぁと思いました。



◆◆ 特別/なんかええやん大賞 ◆◆


  俺の浴衣 レザーで できてんねん!


       -受賞者-和製◇長さん(47pt.)



(コメント)
「ゆかた」の定義がどんなものかは分かりませんが、
今年の「ゆかた」ブームで、そのうち「ブランドゆかた」まで登場して、
いずれは「高級ゆかた」として革製のものも発売されるかも。
しかし、革製の「ゆかた」ってめちゃめちゃ暑そうですね。
一歩間違えたら、仮面ライダーのようなボディに見えるかも。



■■ 次点。おしかったね。 ■■

・清涼印象着

・緊張の夏、日本の夏。

・ニッポンの夏服。

・高木ゆかた

・高木浴衣

・古式おめかし

・そのエロさ、想定の範囲外

・欲衣。

・うなじの魔力。



●●その他の作品も一部ご紹介●●

・手をつなぎたくなる服装ナンバーワン

・うちわがないと 物足りません

・YOU涼み

・寝ぞうがバレバレ(>_<)

・朝起きると、一本の紐になっていたりする。

・プチ ジャパニーズセレブ。

・女性に可憐さを、男性に誇らしさを

・THE 日本の色気

・どんな彼女も3割増し。

・着物より お手軽お気楽

・小泉首相、浴衣でブッシュ大統領と懇談。
 「クールビズにもほどがあるがな!」

・期待、着たい。(男、女)

・クール美図

・風流美s

・ブラしちゃイカン

・浴衣ん半島

・若い子はノースリーブ風に着る。

・元祖クールビズ

・連日紙面を賑わせている浴衣窃盗団が、今度は竹島に・・・

・浴衣+シャラポワ=最強

・ゆかたでハーレーに乗るなんて、
 ボクのダビッドソンが黙ってまそん。

                 (他17作品)


今回もたくさんのご応募をありがとうございました!
僕は「ゆかた」が大好きです。
極端な話、それだけ着ている人なら恋できそう。
そんな想いをこめて、僕の「ゆかたキャッチ」です。



   顔より下の、君が好き。



夏はこれから!楽しみましょう!
それでは、またやります!お楽しみに。