No.1991 息子へ、3歳のつうしんぼ

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
[`evernote` not found]

○うたくんへ


7月27日、
3さいのおたんじょうび、おめでとう。

月並みな言い方だけど、
もう3年だなんて、早いね。

君が病気もせず元気に育ってくれていることが、
何よりもうれしいです。

これからのさらなる成長を期待して、
「つうしんぼ」をあげます。




☆こくご☆

ものすごく日本語が上手になりましたね。
たまに「たかい」と「かたい」を間違えるけど、
日本人として最低レベルはマスターできていると思います。

会話のキャッチボールも問題ありませんね。
あ、でも、お父さんがボケた時の
「なんでやねん」が0.5秒ほど遅いので
もっと腕をみがきましょう。



☆おんがく☆

歌が好きなのかな。
本当によくいろんな歌を歌うようになりましたね。
音程も合っているし、歌詞もちゃんと覚えてるのは
すごいと思いますよ。

ただ、この間もスーパーの中で
「きらきらひか〜る、おそらの〜ちんち〜ん」と歌ったら
隣のおばさんがビックリしてたでしょ?
替え歌が得意なのはわかるけど、
内容と場所を選びましょうね。



☆しゃかい☆

「赤信号は止まれ、青信号は進め」ということを
ようやくちゃんと理解できてきましたね。
赤信号だけど緑の右折矢印が出ている時に、
「おとーさん、アカンって!赤やからぁ〜!」
と泣き叫ぶのだけはやめましょう。

それにしても、交通機関の種類は
本当によく覚えましたね。
電車や特殊車両はもちろんですが、
ANAの飛行機を「おきなわのひこうき」と
記憶しているあたりは、
お父さん的にとてもポイントが高いです。



☆たいいく☆

とにかく走るのが速くなりましたね。
上半身のブレないマイケル・ジョンソンのようなフォームは、
近所のお母さんたちからも絶賛されていますよ。

あとは、教えてもいないのに
ボールを投げるのがやたらうまくなりましたね。
お爺ちゃんの代から続くDNAを感じます。
ただし、
コントロールがいいのは認めますが、
お父さんの股間を不意打ちするのはやめなさい。



☆どうとく☆

自分以外の人の気持ちがわかるようになりましたね。
お母さんの表情が雲った途端
「ごめんなさい」と謝るスピードは、
圧巻の一言に尽きます。

そうそう、
妹の面倒もよく見てくれますね。
お母さんもお父さんも、
これが一番助かっていますよ。
やさしい君は、妹が泣いたら同情して
妹以上の声で泣くけれど、
その気持ちは忘れないで。
これからも兄妹仲良くしてくださいね。



お父さんは今から
君の好きな新幹線で東京に行ってきます。

お誕生日会には間に合うように帰るから、
先にケーキを食べてしまわずに
待っててね。