No.2463 文章が上手になりたいなら、恋をしよう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
[`evernote` not found]

「上手な文章を書くために必要な能力は?」と聞かれたら、
さて、僕なら何と答えるだろう?

まず間違いなく言えることは、
文法力や語彙力ではない。
(そんなもん、辞書を見ればわかる)

最低限必要なのは「距離感のセンス」、
その次に「構成力」だろうと思う。



距離感というのは、
つまりは人との距離の取り方のこと。

話していて、
「なんかこの人不快だな…」と感じる人がいるけど、
その人はきっと、距離の取り方が下手な人。

人間には「快適に感じる距離」というものがあるから、
そうした感覚に優れている人は実際の会話も上手だし、
文章も上手なものだ。



構成力というのは、
読んで字のごとく、文章を組み立てる力。

「昨日、晴れていて、楽しかった」という言葉でも、
場合によっては
「昨日は楽しかった。なぜなら、晴れていたから」
といった方が伝わることもある。

映像でも、先に布石となるシーンを映しておいた方が
後々のシーンが際だつように、
何を先に見せて、何を立たせるのかを考えながら構成するだけで
単純な文章でもとても伝わりやすくなる。



上の2つをてっとり早く身につけたいなら、
答えはカンタン、「恋をすること」だ。

好きな異性との距離感をはかりながら、
口説く順序となる会話の構成を考えることで、
文章のセンスは磨かれる。

ということで、
日本の教育を変えるなら
「国語」の時間を「恋言葉」に変更することを提唱する。