2012年第10回キャッチコピーコンテスト「くつ下」


いよいよ今年最後!
「2012年第10回キャッチコピーコンテスト」の結果発表です!

早いものでもうすぐ年末です。
気温も一気に寒くなってきましたね。
これからの季節はコイツの存在が見逃せません。
地味だけど温かいね。「くつ下」キャッチ!



★★ お気に入り第1位 ★★



  足のパンツ



       −受賞者−T.Kさん(26pt.)


(コメント)
う〜ん、キュートですね。
僕も似たようなキャッチを考えていたんですが、
「パンツ」という言葉は出てきませんでした。
「パンツ」と表現することで、「くつ下」はもちろん、
足までかわいい奴に見えてくるから不思議です。
普段足のキャラクターなど意識しませんが、
もしもパンツを履く恥じらいがあるとしたら。
いきなり脱がせて赤面させてやりたい気もします。いやん。



★★ お気に入り第2位 ★★



  元祖、見せる下着



       −受賞者−マイカル小久保さん(25pt.)




  昔はルーズな奴だった



       −受賞者−ローリングズコーンズさん(22pt.)




  脱ぎ捨てた瞬間汚ないものに変身します



       −受賞者−D.Mさん(31pt.)



(上コメント)
たしかに!
最近でこそ「見せパン」やら色々ありますが、
よく考えたら「くつ下」こそ元祖ですね。
色も長さも選べるし、まさに
下着をオシャレにまで引き上げた存在でしょう。

(中コメント)
そう、10年ほど前はルーズな奴でしたよ。
女子高生は、やたらとルーズな「くつ下」を履いていました。
今はどうなんでしょうね〜。
昔よりはきっちりした奴になった気もしますが。

(下コメント)
これはよく見ているなぁと感心しました。
「くつ下」って、履いている時は身につけているのに、
脱いだ瞬間、汚い物扱いされますもんね。
「いやいや、アンタ、さっきまで履いてたやん」という
「くつ下」の嘆きが聞こえてきそうです。



★★ お気に入り第3位 ★★



  安心のシフト勤務制(夏季休暇有り)



       −受賞者−うりたろうさん(108pt.)




  足専用



       −受賞者−テントショップボーイさん(71pt.)




  洗剤のCMのイメージキャラクター



       −受賞者−シュークリームさん(5pt.)


(上コメント)
「くつ下」で毎日勤務しません。
たいていは、何足かで週数回のシフトを組んで
働いていますよね。
夏になり、サンダルの季節が来たら
ずっとお休みだったり。
面白い視点のキャッチだと思いました。

(中コメント)
盲点というか、当たり前のことなんですが、
あえて「専用」と言われると納得してしまいました。
こう言われると、他にも「○○専用」という
アイテムがまだまだありそうな気がして、
空想を膨らませてくれるキャッチですね。

(下コメント)
そう言われれば、
「くつ下」と白いTシャツは
いつの時代もイメージキャラとして登場していますね。
昔、「洗濯機」キャッチのコンテストを開催した時、
自分で「くつ下タイタニック」というキャッチを書いたのを思い出しました。



★★ お気に入り第4位 ★★



  劣悪な労働環境のもと
  身を粉にして働くわりに評価が低く
  安く買い叩かれることが多いです



       −受賞者−D.Mさん(34pt.)




  サンタ用GPSが付いてます



       −受賞者−ローリングズコーンズさん(25pt.)



(上コメント)
どれもこれも、非の打ち所がない正論ですね。
この言葉を「くつ下」協会(?)が見たら
賛辞とオファーが来るかもしれません。

(下コメント)
夢があるキャッチですね。
サンタもいちいち赤い「くつ下」を探していられないので、
スマホを片手にGPS検索しているんでしょうか?
今年のクリスマス、「くつ下」は
なるべく電波が届きやすい窓際に置いておきましょう。



★★ お気に入り第5位 ★★



  靴から見たら実は上



       −受賞者−シュークリーム旦那さん(5pt.)




  オレはくつの下じゃねぇ!



       −受賞者−うりたろうさん(109pt.)




  実はくつより上なんです



       −受賞者−D.Mさん(35pt.)



  正しくは…靴上!



       −受賞者−シュークリームさん(6pt.)


(4つすべてコメント)
今回、一番多かった視点がこれ。
そうそう、「くつ下」って靴の上にあるんですよね。
ということで調べてみたら、
「くつ下」の語源は「靴の下(=中に履く)着」ということらしいです。
そうなんや!!



◆◆ 特別/なんかええやん大賞 ◆◆



  BIG異臭



       −受賞者−ミスター尻ASSさん(38pt.)



(コメント)
この間、たまたま駅のホーム近くで
雑誌「ビッグイシュー」を売っていたので、
思わず吹き出してしまいました。
やや強引な気もしますが、力強いキャッチですね。
こういう言葉の方が、意外と何年も心に残るんですよ。



◇◆ おまけ/シンクロでうれしいで大賞 ◆◇
 
さて、今回の「くつ下」キャッチ、
僕が事前に想像していたのはこんなキャッチでした。


  ・足だって、裸じゃ恥ずかしい

  ・親指が穴場

  ・足は毎日脱皮する

  ・数日前から行方不明だった双子の弟が
   洗濯機の裏で発見されました。

  ・午前0時の終電が迫っていたシンデレラは、
   ユニクロのくつ下を居酒屋に忘れた。


1つめは、足をもっと
かわいく表現してやりたいなぁ〜と思って。

2つめは、
誰もが感じたことがある親指付近のもろさを、
なんとかワクワク感に変えたくて。

3つめは、
人間が「くつ下」を脱ぐという行為を
一つの生態っぽく捉えたくて。

4つめは、“にこいち”の「くつ下」だからこそ
日常的に起きる事件を、サスペンス風に。

5つめは、
シンデレラを現代風に言うなら
こんな感じなのかな、と。


ということで、
今回の「シンクロでうれしいで大賞」は、
4つめの“にこいち”の視点に近かった
この作品にあげちゃいます。



  くっついたり、離れたり。
  いなくなってぽっかり心に穴が開いたり。



       −受賞者−orange pekoriさん(9pt.)



■■ 次点。おしかったね。 ■■

・手袋は、恋だと思う。ソックスは、愛だと思う

・ばあちゃんでも手作りしない。

・捨てるのためらう率150%(他の衣服比)

・くつと足の潤滑油

・足と靴の緩衝帯

・足と靴の中間管理職

・美しい裸足のために



●●その他の作品も一部ご紹介●●

・サンタの仕事相手

・絶対、納豆菌がいると思う

・左右どっちでもいいですか?

・朝快適、夜不快

・5本指ソックス、履イテク?

・ギフトの期待値を高めます

・ムレと匂いの調和士
 (ビフォーアフター匠の異名風)

・五名一室

・年中枕元においてたら、欲しいもの全部手にはいるんだって!

・過剰包装の代名詞

・洗濯ばさみ占有量No.1

・心の穴が大きすぎて、座敷はムリです。

・お足下で、一生を添い遂げます

・汗から靴を守ります。ムレから足を守ります。

・くつ下脱げる
 わたしになれる。

・大好物はニーハイです。

・履いたままが逆に良い。

          (他12作品)


今年のキャッチコピーコンテストはこれで終了です!
2012年もたくさんのご応募をありがとうございました!!

あとは、毎年恒例の
「みんなで選ぶベストキャッチ」をやるだけです
詳しくは、この後のメールでお知らせします!
(URLを含むので、まれに迷惑メールBOXに入ってしまう
 ことがあるようです。念のためご注意を!)

それでは、投票のご協力をお願いします!!

 


☆日本政府、TPP参加に向けた米国へのアピールとして
 物の単位をすべて英語に変更することを検討。
 2013年春から「くつ下」の単位は

 1足、2足→1ソックス、2ソックス
 3足以上 →3マックス、4マックス

 が適用される見込み。

        (sunny-yellow共同通信11/28)