No.937 50/50(フィフティ・フィフティ)



 女のコだけが持ってる
 ウルトラエクセレンス第六感コンピューター
 分析の結果現在 
 50/50(フィフティ・フィフティ)みたい I love youーー

      【by「ときめきトゥナイト」エンディングソング】


その昔、50/50という言葉が流行った時期があった。
ちょうど中山美穂の歌が出た頃だったと思う。

日本語で言えば「五分五分」。
恋愛に関して五分五分の状態に、
どうして多くの人がときめきを感じたのだろう。

小学生の頃、片想いか両想いを占う遊びが流行った。
今思えば、何を根拠にした占いだったのかは不明だけど、
結果を見てみんなでキャーキャー言ってた覚えがある。
当時は両想いという均等の状態が、
とても胸をきゅんとさせたものだ。

50/50は両想いとはまた違うけど、
両者が寄らず離れずの均等な距離という意味では同じ。
どちらが先に相手に寄るか、そのかけ引きが
僕たちの恋心をあおるんだろう。
そう、かけ引き、かけ引きなのだ。

恋に限らず、初対面で会った人と話す時や、
誰かと折衝と行う時は、基本的に50/50が理想だ。
そこからどうやってこちらに相手をひき寄せるか、
あとはそれを楽しめばいい。

ふと思えば、日常の中で
さまざまな50/50状態を体験していることに気づく。
極端な話、コンビニで105円のガムを買った時も、
105円とガムを交換するまでの過程で、
「絶対にガムを食いたい」VS「ガムは渡すが金はもらう」という
かけ引きが行われているのだ。

試しに、今日1日、50/50を意識して生活してみるといい。
すると、自然と生活がエキサイティングに感じる。
それはきっと、恋愛のドキドキに似ている。