No.1893 「気」は旅をする

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
[`evernote` not found]


     『 気の旅 』

 
 「大気」の中の「水蒸気」は
 雨と名前を変えて、
 乾いた「空気」を湿らせていく。

 お日様が出てきた頃、
 「空気」をゆっくりと吸うと、
 不思議と「元気」が出てきて。

 「元気」な人がたくさん集まると、
 そこに「活気」が生まれる。

 「活気」はやがて
 辺りを「熱気」で包んで。

 「熱気」は足下の雨を蒸発させて、
 「水蒸気」はまた「空気」へと還り。

 「空気」は「大気」の一部となって、
 今日も僕らの地球を守っている。