No.2542 コピー機とオリジナリティー

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
[`evernote` not found]

コピー機。

目の前にあるのと同じモノが
数秒でもう1つ増えるなんて
よく考えればすごいことだ。

慣れてしまったのかなぁ。
今はコピー機を見て
そんなトキメキを感じることもなくなったけど、
昔はあったような気がする。


初めてコピー機を見たのは、
たしか小学生低学年の頃。

親父が「仕事場を見せてやる」と行って、
生まれて初めて会社のオフィスに入った時のことだった。

青焼きコピーというのかな。
ボタンを押したら、
青い濃淡だけで文字が表示されている複写原稿が
出てくるを見た瞬間、かなり興奮した。

母親に自慢するために、
ドラえもんの絵を描いて
コピーをとったものを持って帰ったのを覚えている。


あの頃の画質を考えると、
今のコピーは本当にすごいね。
ほとんどそのままに近い形で複製できる。

ただし、あまりに再現性が高すぎるから、
たまに「オリジナルがこの世から消える」ような怖さも感じる。

データにしても、
なんでも簡単にコピーができる世の中。
何にも真似されないオリジナルを保つためには、
どうすればいいんだろう?

そんなことを、ふと考える。