No.2033 生きるために舟を漕ぐ



 水平線しか見えない

 広い広い海の上で

 僕はただ

 波に揺られながら

 どこに行くわけでもなく

 沈まないように

 舟を漕いでいる



 その退屈な姿は

 まるで居眠りをしているかのように

 滑稽だろうけど

 誰かの笑い声を消し去るように

 向こうから波音が迫ってきて

 見えない重力に逆らうために

 沈まないように

 僕はまた舟を漕ぐ



 長い間

 潮風と陽射しにさらされたその手は

 もう 

 どこもかしこもマメだらけだ

 今さらあの頃のようには戻れないけれど

 どこかの偉人が言ってたよ

 まだ知らない世界も

 海の彼方にあるんだって



 前に進もうが

 後ろに進もうが

 詩を詠もうが

 弦を奏でようが

 誰にも何も

 言われやしないくせに

 この舟を沈ませたくないのは

 なぜなのかな



 雲が晴れ

 太陽が顔を出したと思ったら

 突然また

 雨が落ちて海が荒れる

 わからないね

 空の機嫌も 何もかも

 この海に果てがあるのか

 ただ水平線が続くのか

 明日のことはわからない



 漕ぐ手をとめない理由は

 きっとそこにあるんだろう

 この舟は

 たいして格好良くもないけれど

 一緒に乗ってくれる人がいたら

 なんとなく楽しそうだな