No.1455 あげたい


公園のベンチでうつむいている彼を、
励ましてあげたい。


鎖につながれたあの犬を、
ちょっぴり自由にしてあげたい。


しばらく連絡をとっていないアイツを、
いきなり驚かせてあげたい。


子育てに追われているあの人に、
自分だけの時間をプレゼントしてあげたい。


毎晩真面目な顔して遅くまで働いているアイツを、
くすっと笑わせてあげたい。


夢を追って飛び出したあの人の背中を、
優しくそっと押してあげたい。


長いこと一人でがんばったアイツを、
絶対に合格させてあげたい。


おなかの中の子供もお母さんも、
がんばれって勇気づけてあげたい。


長い春の後の失恋なんて、
いっそのこと忘れさせてあげたい。


好きな道を選んだのに迷っているアイツに、
アントニオ猪木の闘魂を注入してあげたい。


たまには、親孝行とやらもしてあげたい。


金もなければ力もない。
なんにもない僕だけど、
あげたいものはたくさんある。

空を見上げて、まぶたを閉じる。