No.1895 シンデレラが靴を落としていなかったら

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
[`evernote` not found]

僕が男だからか、
例えば「シンデレラ姫」の話を聞いても
王子様の目線で話をとらえてしまう。

午前0時を過ぎ、城中でガラスの靴を拾った王子は
その夜、一人で何を思ったのだろうか。

テレビで深夜番組を見ながら
高笑いをしていたとは考えにくい。
きっと、何度も姫の後ろ姿を思い出しながら、
暗闇の中で胸を焦がしていたことだろう。

王子の偉いところは、翌日すぐに
姫を捜すために行動したところだ。

足がむくんで大きくなる夜に履いていたガラスの靴が
なぜ翌日の昼間にフィットしたかは置いておくとして、
靴という動かぬ証拠を持って行動したところは
かなりクレバーだ。

でも、たとえばの話、
シンデレラがガラスの靴を落としていかなかったら、
話はどうなっていたのだろうか?
王子は記憶だけを頼りに捜したのか?

おそらくその場合、
王子は自らの思いを詩(歌)にしたと思う。
二人にしか分からない言葉を織りまぜて。

1対1で話した会話の内容は、
時として二人共通の“鍵”になる。
その鍵をたくさん共有している二人ほど、
絆は強いものだ。

「シンデレラ姫の第二弾を書いてくれ」と頼まれたら、
僕はこんな教訓を残す話に仕上げるだろう。

お子様には、
なかなか理解してもらえないかもしれないけど。