No.3287 テロの時代に思うこと

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
[`evernote` not found]

フランスでテロがあった。
テレビでニュースを観た時は衝撃だった。

心のどこかで「いつか起きるかもしれない」と
思っていたことが現実に起きてしまった時、
僕らはなんと弱いことか。

起きたことを何度も振り返るしか、心を休める術はない。
想像もつかない大きな力が、自分を守ってくれると信じるしか。

遠く離れたこの場所で、何ができるかを考えた。
黙祷? 募金? 何か違う気がする。

Facebookでは、プロフィール写真を
フランス国旗風にする取り組みをやっていた。
一見素敵な取り組みに見えたけど、
ずっとやるのならまだしも、期間限定って、、、 。

否定はしないけど、
話題に便乗しているだけのようで嫌だから
僕は乗るのをやめた。

今回はヨーロッパだったけど、
明日は我が身で、予断を許さない時代だと思う。

幸いにも生きられているうちに
自分にできることは何かと胸に聞いたら、
結局、大切な人を大切にする以外はなかった。

夜、いつもより強く娘を抱きしめて眠った。